うっとうしい梅雨の向こうに夏が見えてくるころ、福岡市の海の中道サンシャインプール(公園財団・東京)が今夏は7月6日にオープンする。累計来場者数900万人を記念し、7月6、7日の2日間は「ご来場者900万人感謝デー」として中学生以下は無料で入場できる。

さらに、7月の営業期間は"幼児無料ご招待"となる「ウェルカムキッズキャンペーン」も実施される。

 今年で41周年を迎えたサンシャインプール。昨年増設した有料休憩スペース「サンシャインテラス」は全部で25ブース。定員は8人だから、家族や友人とめいっぱい、ゆっくり楽しめる。利用料金は5000円。

 海の中道海浜公園は、博多湾と玄界灘の2つの海に囲まれた砂州状の地形「海の中道」にある。

東西に約6キロメートル、面積約350ヘクタールと広大な敷地を有する国営公園だ。園内では四季の花を観賞することができ、「動物の森」ではリスザルやカピバラ、カンガルーなどかわいい動物たちとふれあうこともできる。

 大人(15歳以上)の利用料金は、当日窓口料金(現金のみ)2200円、コンビニ料金2100円、WEB料金2000円。シルバー料金(65歳以上)は700円。障がい者手帳などを提示した本人と付添者1人は500円。WEBチケットはサンシャインプールWEBチケット購入サイトから購入できる。

7月6(土)、7(日)、13(土)、14(日)、15(月・祝)、20(土)~31(水)は、海の中道サンシャインプールホームページの申し込みバナーをクリックして「幼児招待券」を印刷し持参すると、未就学児は無料で入場できる。