“笹ガール”藤岡みなみが語る『カンフー・パンダ2』の見どころ

“笹ガール”藤岡みなみが語る『カンフー・パンダ2』の見どころ
ドリームワークスアニメーションの新作『カンフー・パンダ2』がいよいよ19日(金)より日本公開される。そこで、幼少期からパンダを追い続け、日本で最もパンダに熱い愛情を注いでいるであろう自称“笹ガール”の藤岡みなみに本作の魅力と新作の注目ポイントをガイドしてもらった。

その他の写真

子どもの頃から13年に渡ってパンダを愛し続け、現在は史上初の“人間とパンダによる音楽ユニット”PANDA1/2(ぱんだにぶんのいち)でヴォーカルを務めている藤岡にとって、『カンフー・パンダ2』の主人公ポーは「パンダの動きが完璧に再現されたキャラクター」だという。「パンダは可愛いと思ったら、カッコいい瞬間もある“ギャップ”が最大の魅力。そこが“ぐうたらなパンダがカンフーをする”という設定で見事に表現されているんです」。また続編が3Dで製作されたことも大きいという。「パンダの毛の1本1本を3Dで観られたのは本当に感激しましたし、3Dになったことで動物たちの魅力とカンフーの魅力がどちらも楽しめる。これまで3D映画にピンと来なかった人にこそ観てほしいですね」。

もちろん本作で描かれるのはキャラクターの愛らしさだけではない。最新作では主人公ポーの出生の秘密が物語上、大きな役割を果たし、さらには宿敵シェン大老のエピソードを交えながら親と子の絆が描かれる。「ポーが自分の出生を巡って自問自答しながら前を向いて歩いていく姿は、絶滅危惧種であるパンダたちが故郷から追いやられている現実に人間がどう関わるべきかとダブるところがあってハッとさせられました。また、ポーだけでなくシェン大老にもドラマがあり、親子の確執が描かれていて“キレイごと”だけじゃない親子の絆を観られた気がします」。そんな『カンフー・パンダ2』で藤岡が最も共感するキャラクターはパンダのポー…ではなくマスター・タイガーだそう。「前作からタイガーに思い入れがあって、いちばん共感するんです。タイガーは本当にいいヤツだし、努力もする。でも、ポーが最後までカンフーを楽しんでいるのに対して、タイガーはマジメ過ぎて思いつめちゃうところがある。私もそんな部分が他人とは思えないんです。本作ではポーがタイガーを支える場面もあって、そこも注目してほしいですし、ふたりの関係は今後も見ていきたいです」。

「パンダ持ち前の“ポップさ”やトキメキ、ロマンを音楽で表現していきたい」という藤岡。そんな彼女にとって、エンターテインメントの要素と深いドラマの要素を過不足なく持ち合わせた映画『カンフー・パンダ』は“人生のバイブル”だという。「観るたびに大事なことを思い出すし、自分の夢と重なるので定期的に『観なきゃ』ってなる映画なんです。今回は3D映画だから、映画館で楽しめる間に何度も観に行こうと思っています」。

『カンフー・パンダ2』
8月19日(金) 新宿ピカデリーほか全国デジタル3Dロードショー

あわせて読みたい

ぴあ映画生活の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年8月12日の映画記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。