もやしっ子が一瞬で屈強男子に! 『キャプテン・アメリカ』新画像公開

もやしっ子が一瞬で屈強男子に! 『キャプテン・アメリカ』新画像公開
スパイダーマン』や『アイアンマン』を輩出してきたマーベル・コミックの伝説的なヒーローを実写映画化した『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』の最新画像が公開された。

『キャプテン・アメリカ…』は、1941年に登場し、アメリカを代表するヒーローとして愛されてきた人気コミックを基に描くアクション超大作。第二次世界大戦中に、兵になることを志願するも不適格の烙印をおされた青年スティーブが、軍の極秘プロジェクト“スーパーソルジャー計画”によって強大な力を手に入れ、レッド・スカル率いるヒドラ党と戦う姿を描く。

その他の写真

このほど公開されたのは、貧弱な体躯の青年と完璧にビルドアップされた勇ましい青年を写した2枚の画像。まったく別人に見えるこのふたり、実は同じ青年だ。本作の主人公スティーブは体重40キロでぜんそく持ちのひ弱な青年。しかし、その恐れを知らぬ不屈の精神が買われて軍の極秘計画に参加し、超人的な肉体へと変貌。さらに常人では得られぬスーパーパワーを手にして“キャプテン・アメリカ”となる。ちなみにどちらのスティーブもクリス・エヴァンスが演じており、製作にあたっては“モーフィング”と呼ばれる映像技術を採用。同じ俳優が演じる統一された人格のまま、見かけの異なる主人公が描かれている。

本作の最大のポイントは、圧倒的な肉体の変化を描くことで、主人公の変わらぬ“精神の強さ”を描いていることだ。元々、スティーブは戦場で戦う仲間のために自分も参加したいと強く願っている男で、超人的な力と肉体を得る前から、人によっては“スーパーヒーロー”と感じてしまうような意思の強さと度胸を見せる。なぜ屈強な男ではなく、ひ弱な青年が軍の極秘計画に抜擢されたのか? そしてスティーブはなぜ圧倒的な力を手にしてもなお、他人のために、仲間のために危険をおかして戦おうとするのか? 映画は“ヒーローの原点”を豪快なアクションシーンを交えて描くという。

『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』
10月14日(金)より丸の内ルーブルほかで全国ロードショー
※3D公開(一部地域を除く)

あわせて読みたい

ぴあ映画生活の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「スパイダーマン + 映画」のおすすめ記事

「スパイダーマン + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「アントマン」のニュース

次に読みたい関連記事「アントマン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ワンダーウーマン」のニュース

次に読みたい関連記事「ワンダーウーマン」のニュースをもっと見る

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年8月26日の映画記事

キーワード一覧

  1. スパイダーマン 映画

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。