11年ぶりの続編登場。監督が語る『スクリーム4』に訪れた“変化”とは?

11年ぶりの続編登場。監督が語る『スクリーム4』に訪れた“変化”とは?
人気ホラーシリーズの11年ぶりとなる最新作『スクリーム4 ネクスト・ジェネレーション』が29日(土)から公開される前に本作を手がけたウェス・クレイヴン監督がインタビューに応じ、11年ぶりの新作に対する想いや、前作からこれまでの間に起こった変化について語ってくれた。

その他の写真

『スクリーム4 ネクスト・ジェネレーション』では、マスクをつけた殺人鬼によるウッズボロー連続殺人事件から10年後を舞台に、殺人事件のトラウマを克服し、作家となったシドニー(ネーヴ・キャンベル)が本の宣伝のため戻った故郷ウッズボローで、ふたたび殺人鬼の犯行に巻き込まれる様を描いた作品で、前作から何と11年ぶりの新作となる。「ホラー映画というのは、実際に起こった事や、歴史や過去を反映している」と語るクレイヴン監督にとって、『スクリーム3』がつくられた11年前と現在ではホラー/サスペンス映画をめぐる環境にも変化が起こったという。「この11年間は、若い監督達が出てきた時期で、若いエネルギーをこのジャンルに注いだということが言えると思います。またとても過激な暴力や拷問が、実際にイラクやアフガニスタンで起きたという事、そしてアメリカ政府が拷問を容認している事実も、ホラーに影響を与えたのではないでしょうか」。

と同時に、この11年間で通信や映像、コミュニケーション手段も大きな変化を遂げた。「前作から10年後ということで、登場人物たちがインターネット、フェイスブック、スマートフォン、ソーシャルネットワークに触れているのが特徴です。私自身にもその罪はありますが、映画業界を見ているとこの11年間で続編やリメイクがとても多く作られた。だから私は時代の流れを受けて、現代の生活が反映されているような作品が必要だと感じました」。最新作『スクリーム4』では、シリーズの魅力を継承しつつ、現代のテクノロジーがあるからこそ生まれる緊張や恐怖も描いているようだ。

あわせて読みたい

ぴあ映画生活の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年10月27日の映画記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。