オダギリジョー、撮影現場が過酷すぎて「行きたくなかった」

オダギリジョー、撮影現場が過酷すぎて「行きたくなかった」
実話をもとに韓国映画史上最大級となる製作費25億円を投じた超大作『マイウェイ 12,000キロの真実』の緊急フッテージ試写会が21日に東京・新宿バルト9で開催され、主演のオダギリジョーとカン・ジェギュ監督(『シュリ』『ブラザーフッド)が出席した。

その他の写真

日本、ソ連、ドイツの軍服を着てアジアからノルマンディーを戦い抜いた実在の東洋人の姿を壮大なスケールで描く本作。オダギリは「台本の段階で、撮影の過酷さが伝わった。実際、現場は壮絶で毎日『行きたくないな』って思うほど。本当に戦争に送られる気持ちで、役作りの必要がなかった」と振り返った。

時は第二次世界大戦末期。ノルマンディー上陸作戦の後、ドイツ軍捕虜の中にひとり発見された東洋人が語りだした驚きの真実。その裏には国籍の壁を超え、マラソンを通して互いを高め合った二人の男の友情と宿命のドラマが隠されていた。主演はオダギリと、韓国を代表するスター俳優のチャン・ドンゴン。オダギリはドイツ語とロシア語で演技し、ドンゴンは半分以上の台詞が日本語だった。

この日、世界最速で公開されたのがクライマックスであるノルマンディー上陸作戦を描いた約20分間のフッテージ。オダギリ本人も映像は初めて観たといい「これをやらされたんですよ(笑)。今でも思い出しちゃって、手が震える感じ。トラウマになりましたね」と迫力に圧倒された様子だ。スタッフによる本番前の準備には、数時間を要することもあり「もし僕が転んでNGでも出したら……。責任の重さを感じたし、なかなかできる体験ではなかった」と当時の心境を語った。

あわせて読みたい

ぴあ映画生活の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年11月21日の映画記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。