文豪の自宅で撮影。映画『わが母の記』の“こだわり”とは?

文豪の自宅で撮影。映画『わが母の記』の“こだわり”とは?
井上靖の自伝的小説を原田眞人監督が映画化した『わが母の記』が28日(土)から公開される前に、役所広司演じる本作の主人公、伊上洪作が執筆活動をする部屋の画像と、井上氏が生前に執筆をしていた部屋の画像があわせて公開された。

その他の写真

本作は文豪・井上靖が自身の人生や家族との実話を基に綴った『わが母の記~花の下・月の光・雪の面~』を原作に、普遍的な家族の愛を描いた物語。役所が作家・伊上を、樹木希林は母親の八重を、宮崎あおいは三女の琴子を演じ、第35回モントリオール世界映画祭の審査員特別グランプリ受賞をはじめ、海外の映画祭でも注目を集めている。

井上氏は生前、東京・世田谷区で家族と暮らし、数々の作品を執筆してきた。本作は、氏の自伝的小説を基にしていることから、映画の撮影を井上氏が暮らした自宅で敢行。そのことで、書斎や、編集者が集まった応接室、居間など、文豪とその家族が実際に暮らした“生活の気配”がフィルムに写りこんでいるという。

ちなみに、井上氏と家族が住んでいた世田谷の自宅は映画撮影終了後に、井上氏の生誕の地である北海道の旭川に移築され、同地の井上靖記念館が5月6日(日)にリニューアルオープンする。

『わが母の記』
4月28日(土)全国ロードショー

あわせて読みたい

ぴあ映画生活の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年4月26日の映画記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。