ジェイミー・フォックスが語るスパイダーマン2

ジェイミー・フォックスが語るスパイダーマン2
25日(金)より公開される映画『アメイジング・スパイダーマン2』でオスカー俳優ジェイミー・フォックスが最強の敵エレクトロを演じている。単なる“悪役”ではなく、孤独と混乱と怒りを抱えた男マックス・ディロンを彼はどう演じたのか? 先ごろ来日した際に話を聞いた。

その他の写真

映画『アメイジング・スパイダーマン』は、平凡な青年ピーター・パーカーが、驚異的な力を得たことを機に “スパイダーマン”となり、愛する街の人々を守るべく奔走する姿を描いたアクション大作。本作でフォックスが演じたマックスも多くの市民同様、スパイダーマンを愛している。しかし、彼は孤独で、誰も彼のことを気に止めない。フォックスは脚本を読み、モーツァルトを描いた傑作『アマデウス』に登場するサリエリをイメージしたという。「サリエリはずっと神に祈っているのに、神が才能を与えたのは1秒も祈ったことがないようなアマデウスで、サリエリは神をも呪う。マックスも同じでみんなに自分のことを知ってほしいし、スパイダーマンのように愛されたいと思っているんだ」。

そんなある日、マックスは感電事故に遭い、高圧電流を自在に操るエレクトロになる。しかし彼は強大な力を得てもなお、愛されず、行き場をなくした感情は怒りになってスパイダーマンに向けられる。「マックスがエレクトロになる過程がしっかり描かれているのが大きなポイントだ。彼がなぜ悪に堕ちるのか観客は知っているからシンパシーを感じてもらえると思う。マックスもピーターもはじめは普通の人間だった。でも、ピーターはスパイダーマンになると人気者になる。それがマックスの怒りの原動力なんだ」。

あわせて読みたい

ぴあ映画生活の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「スパイダーマン + 映画」のおすすめ記事

「スパイダーマン + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「アントマン」のニュース

次に読みたい関連記事「アントマン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ワンダーウーマン」のニュース

次に読みたい関連記事「ワンダーウーマン」のニュースをもっと見る

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年4月23日の映画記事

キーワード一覧

  1. スパイダーマン 映画

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。