大倉孝二がケラリーノ・サンドロヴィッチの演出でひとり芝居に挑む

大倉孝二がケラリーノ・サンドロヴィッチの演出でひとり芝居に挑む
舞台のみならず、映画、ドラマでも活躍する個性派、ナイロン100℃の大倉孝二が来年4月、ケラリーノ・サンドロヴィッチの演出でひとり芝居に挑む。

上演するのは、いとうせいこうがサミュエル・ベケットの名作『ゴドーを待ちながら』を下敷きに書き上げた、待たれている男を描くひとり芝居『ゴドーは待たれながら』。1992年にいとう自身が演出、シティボーイズのきたろうのひとり芝居として上演され話題を集めた作品だ。

本家『ゴドーを待ちながら』ではふたりの男が正体不明のゴドーを待っていたが、本作では何者かに待たれているゴドーその人を描き出す。ゴドーは誰が、いつ、どこで、自分を待っているのかを知らない。そもそも、今いる場所がどこなのか、今日が何曜日なのかもゴドーは知らない。待たれる身のゴドーは自問自答を繰り返す。

「つまり神はどうやって自分が神だと確信出来るのかってことだ。そりゃ水を葡萄酒に替えたり、大蛇を退治したりすれば、人は神と崇めてくれるだろう。だけど、だ。だからって自分が本当に神なのかどうか、本人は疑問に思うんじゃないかってことだな。もっと偉い神様がそいつに、いやその神様に、お前は神だって言ってくれるなら、まあ信じてもいいかなって気にもなるだろうが。問題は、一番偉い神様かどうかだ。いや、神様がたった一人しかいない場合はもっと悲惨だろう。アイデンティティの崩壊はないのかね」

20世紀を代表する戯曲に真っ向勝負を挑んだ、いとうせいこうの作品に大倉がどう切り込んでいくか。ケラリーノ・サンドロヴィッチが10年以上にわたり大倉を口説いて実現させたという本公演に注目が集まる。

■ナイロン100℃ side SESSION#12『ゴドーは待たれながら』
2013年4月上旬 東京芸術劇場 シアターイースト 他、4月中旬から5月上旬 地方公演を予定
チケット一般発売開始:東京公演2013年2月3日(日)

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 大倉孝二 ドラマ
大倉孝二のプロフィールを見る
チケットぴあの記事をもっと見る 2012年12月10日の芸能総合記事

「大倉孝二 + ドラマ」のおすすめ記事

「大倉孝二 + ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「戸次重幸」のニュース

次に読みたい関連記事「戸次重幸」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「萩原聖人」のニュース

次に読みたい関連記事「萩原聖人」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら