新国立劇場が2013/2014シーズンのラインナップを発表<演劇・バレエ&ダンス部門>

新国立劇場が2013/2014シーズンのラインナップを発表<演劇・バレエ&ダンス部門>
東京・新国立劇場が1月18日、2013/2014シーズンのラインナップを同劇場にて発表。演劇芸術監督の宮田慶子とバレエ&ダンス芸術監督のデヴィッド・ビントレーが会見に出席し、それぞれラインナップについて説明した。

演劇部門は計8作品。宮田が「間違いなく今後トップを走ってくれる」と太鼓判を押す新進の女性演出家、小川絵梨子が手がけるマイケル・ホリンガー作の『OPUS』(日本初演)で新シーズンの幕を開ける。手演出家にスポットを当てる「Try・Angle ―3人の演出家の視点」シリーズの一作で、ほかに森新太郎演出『エドワード二世』(作/クリストファー・マーロウ)、上村聡史演出『アルトナの幽閉者』(作/ジャン=ポール・サルトル)を小劇場で上演。中劇場では、宮田自身が演出、石原さとみ平岳大小堺一機の出演で、『マイ・フェア・レディ』の原作としてもおなじみ『ピグマリオン』を。また「白井晃さんならではの演出を期待する」というシェイクスピアの『テンペスト』を上演する。そのほか、宮田が「私自身が長年やりたいと言い続けてきた作品」と語る秋元松代の『マニラ瑞穂記』を栗山民也の演出で。さらに、中上健次の原作をもとに維新派の松本雄吉が演出する『十九歳のジェイコブズ』、『ディナー・ウィズ・フレンズ』でピュリッツアー賞を受賞したドナルド・マーグリーズの『永遠の一瞬(仮題)』(宮田の演出で日本初演)をラインナップ。

あわせて読みたい

チケットぴあの記事をもっと見る 2013年1月23日の芸能総合記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら