浮上するのはF東京か、川崎Fか。多摩川クラシコ、キックオフ

浮上するのはF東京か、川崎Fか。多摩川クラシコ、キックオフ
同じ都道府県に本拠地を持つダービーマッチは盛り上がり必至だが、多摩川を挟んだFC東京と川崎フロンターレの多摩川クラシコの熱量はハンパではない。そんな多摩川クラシコが4月27日(土)、キックオフを迎える。

4月27日(土)[FC東京対川崎フロンターレ J1リーグ戦」チケット情報

両チームとも前節、来たるべき一戦へ弾みをつけた。開幕2連勝の後、4連敗を喫したFC東京は7節・名古屋グランパスを3-1で下した。一方、川崎Fは3分3敗で迎えたベガルタ仙台戦で今までの鬱憤を晴らす4-2で今季初勝利を挙げた。リーグ戦の順位はF東京が9位、川崎Fも14位だが、浮上のキッカケとして多摩川クラシコは持って来いの90分間と言える。

F東京・ポポヴィッチ監督も川崎F・風間八宏監督も、ボールも人も動かすサッカーを標榜する。ツボにハマれば、ボールを圧倒的に支配し、快勝する。F東京はFW・渡邉千真が5ゴール、FW・李忠成、ルーカス、長谷川アーリアジャスールの2列目が各2得点をマークする。川崎も大久保嘉人&レナトが4ゴールずつ挙げ、リーグ3位の13得点を記録する。だが、目指すスタイルが大事でも遅攻一辺倒では、いくらパスを回しても、相手に脅威を与えることはできない。

守備も課題だ。両軍とも先制点を献上し、同点に追いつこうと前掛かりになったところにカウンターを食らう、悪循環に陥っていたのだ。また川崎Fはナビスコカップも含め4試合連続でセットプレーから失点を喫するなど、弱点がある。チーム得点と失点を見ればわかりやすい。F東京は11得点9失点、川崎Fは13得点ながらリーグワーストタイの15失点である。

あわせて読みたい

チケットぴあの記事をもっと見る 2013年4月24日のスポーツ総合記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。