新鋭・熊林弘高が挑む、衝撃の家庭劇
拡大する(全1枚)
2010年、若き才能ある演出家が、ある作品を契機として、一気にメジャーシーンへと躍り出た。tpt『おそるべき親たち』を演出した熊林弘高。この作品以前の演出キャリアは、わずか5作品。その彼が、実力派のキャストを堂々率いて放ったこのコクトー劇は、この年の文化庁芸術祭賞演劇部門の大賞に輝く成果を生み、また、演出家自身も、毎日芸術賞千田是也賞に選ばれた。ひとり息子を溺愛する母親が、わが息子初めての恋人に、激しく嫉妬する。その恋人は何と、この一家の父親の愛人と同一人物だった……。2014年3月、すべてが歪んだこの家庭劇に改めて挑む演出家・熊林弘高に話を訊いた。

『おそるべき親たち』チケット情報

2010年版は、大きな反響がありました。
熊林弘高「びっくりしました。ただ、作品としては、しっかり手ごたえがありましたね。お客さんがうなぎのぼりに増えていった。最後の何日間かはチケットがまったくない状態。うれしかったです」

この戯曲の演出の見通しは、はじめから見えていましたか。
熊林「ラストシーンかファーストシーンがひらめいたら、「これはやれる」と確信できます。この戯曲で言えば、ラストシーンのひらめきでした」

未見の方のために、具体的には書きませんが、大胆でエロティックな着想ですね。
熊林「キャスト全員に、ラストはそのようにエロティックな描き方になるとあらかじめ言っておいて、どうするかみんなで話し合ったんです。翌日、そのシーンを演じる麻実(れい)さんと満島(真之介)さんのふたりだけに来てもらって、そこで出た麻実さんのアイデア通りに演じました。稽古時間は1時間取ってありましたが、10分で終わった。生々しいシーンです」