元気か、学か。勝利と代表を手繰り寄せるゴールを!

元気か、学か。勝利と代表を手繰り寄せるゴールを!
4月29日(火・祝)・埼玉スタジアム2002で、浦和レッズ×横浜F・マリノスがキックオフを迎える。ナショナルダービーと呼ぶにふさわしい好カードが、GWのJリーグを彩るのだ。

4月29日(火・祝)浦和レッズ対横浜F・マリノス J1リーグ戦 チケット情報

ともに、前節は敗れた。浦和は柏レイソルに試合終了間際にゴールを決められ、横浜FMは前半7分、FC東京に喫した失点を挽回できないまま試合終了のホイッスルを聞いた。GW4連戦でいきなり躓いたのだが、両指揮官の試合後の表情は対照的だった。

浦和・ペトロヴィッチ監督に落胆の色はない。「判定については我々にちょっと運がなかった。ただ、試合を通して選手たちはいいプレーをして、最後まで勝利を目指して戦った。攻撃的なサッカーを続けていき、どこかでこの失ったポイントを取り返していきたい」と意気込んだ。事実、浦和は攻撃の姿勢を貫いた。後半30分に同点に追いつくと、3分後にはほとんど試していない4バックを敢行し、勝点3を取りに行った。結局、柏のカウンターに泣いたが、引き分け狙いはよしとしない。

横浜FMは、リーグ戦ではここ6試合勝利から見離されている。3連勝スタートのあとは2分4敗である。しかも、4試合連続無得点だ。さすがの樋口靖洋監督も試合後、厳しい表情を見せた。それでも、指揮官は前を向く。「今、本当に苦しい時期、ここがひとつの踏ん張りどころ。チームの苦しい時期を乗り越えるためにしっかりと整理し、共有して次のゲームに向かうことしかない。中2日で、また難しい相手(浦和)との対戦になるが、やれることを整理して、ベストを尽くす」。

あわせて読みたい

チケットぴあの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年4月28日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。