流れはレッズにあり! でも、直接対決は……

流れはレッズにあり! でも、直接対決は……
後半戦に突入となるJ1リーグ戦第18節で激突する両軍は、対照的なチーム状況にある。ホームで迎え撃つ首位・浦和レッズは好調を維持し、ヴィッセル神戸はリーグ再開後1分2敗で3位から6位に順位を下げた。

浦和レッズ対ヴィッセル神戸 J1リーグ戦 チケット情報はこちら

前節・鹿島アントラーズ戦でJ1リーグ記録の7試合連続無失点はストップしたものの、浦和にショックはない。試合後、ペトロヴィッチ監督は「鹿島は自陣でブロックを作りカウンターを狙い、我々は後ろからボールを動かしいい形を見せた。決定機に決めていれば2点目を取れたかもしれないが、満足している。私は幸せだ」と胸を張った。

GK・西川周作、最終ラインの那須大亮、槙野智章、森脇良太は守備はもちろん、攻撃でも強烈な個性を発揮する。3バックとGKはボールを回しながら、相手が手薄なスペースへパスを送る。西川がピンポイントのキックでカウンターのチャンスを作れば、槙野と森脇はドリブルで一気に距離を稼ぐ。那須を含め3バックはチャンスと見れば、いつの間にかゴール前に顔を出す。特筆すべきは槙野のアグレッシブさだ。シュート28本は、興梠慎三、李忠成の両FWの21本を凌駕する。トップスコアラーは興梠で5得点と決して多くはないが、10人が得点をマークする多彩さがある。最終ラインどころか最後尾のGKからボールを回し、FWだけではなくあらゆるポジションの選手がゴール前に侵入する分厚い攻撃こそ浦和の強みである。

あわせて読みたい

チケットぴあの記事をもっと見る 2014年7月30日のスポーツ総合記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。