中村屋兄弟が挑む赤坂大歌舞伎に、新時代到来!?

中村屋兄弟が挑む赤坂大歌舞伎に、新時代到来!?
拡大する(全1枚)
十八代目中村勘三郎の発案で、2008年に始まった「赤坂大歌舞伎」が、2年半ぶりに帰って来た。第4回の今回は、糸操り人形が三番叟を踊り、糸を操る後見とのユーモラスなやりとりも見せる舞踊『操り三番叟』を中村勘九郎が、ひとりで七役を、早替りも交えて演じる『お染の七役』の主役を中村七之助が勤めている。

「赤坂大歌舞伎」チケット情報

勘九郎が『操り三番叟』を踊るのは、今回が2回目。前回は2009年、歌舞伎座で披露している。「もともと、うちの父に勧められた演目なんです」と、勘九郎は振り返る。「糸に操られての人形振りは膝にかなり負担がかかるのですが、後見の(中村)国生とのチームワークを大切にし、重力を感じさせないイメージで、お客様に楽しんでいただきたいですね」。ACTシアターの空間については「すでに『棒しばり』で松羽目物もやっています。あの時のことを考えても、大丈夫なんじゃないでしょうか!」と笑顔を見せた。

一方、七之助が「プレッシャー」と語るのは『お染の七役』。2012年、平成中村座において初役で勤め、「父から珍しく褒められた」舞台だ。「ストーリーというよりも空間に支えられて今に残ったようなところがある芝居で、平成中村座にも助けられました。それを、ACTシアターでやるのは正直、かなり難しいですね」。とはいえ、意識的に演じ方を変えるつもりはないという。「玉三郎さんから教わった通り、早替りショーで終わらせずに演じる役々をきちんとやる。そこはぶれません。自分が持っているものを全て出したいと考えています」と表情を引き締めた。なお、『お染の七役』には勘九郎も出演。七之助が演じる七役のひとつ、土手のお六の亭主、鬼門の喜兵衛を演じる。兄弟の息の合った芝居が期待できそうだ。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

チケットぴあの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「中村勘九郎」に関する記事

「中村勘九郎」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「中村勘九郎」の記事

次に読みたい「中村勘九郎」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク