ヤクルトCSチケット争奪戦・明日9日プレーボール

ヤクルトCSチケット争奪戦・明日9日プレーボール
10月9日(金)、10月14日(水)~19日(月)・神宮球場で行われる『CS』ファイナルステージのチケットが一般発売となる。雄平のサヨナラヒットで14年ぶりとなるセ・リーグ制覇の美酒に酔いしれてから丸1週間、プラチナチケットの争奪戦がプレーボールを迎えるのだ。

東京ヤクルトスワローズ『CS』ファーストステージ チケット情報

対戦相手は10月10日(土)~12日(月・祝)・東京ドームで開催される巨人×阪神の『CS』ファーストステージ勝者となる。ヤクルトとしては巨人が相手だろうと、阪神が相手だろうと、どちらが来ようが望むところだ。

ヤクルトは巨人との直接対決で12勝13敗と負け越すが、神宮でのゲームでは8勝3敗と圧倒する。阪神にも12勝13敗と負け越したが、神宮では7勝5敗と分がいい。

相性だけではない。ヤクルトは投打のバランスで、ライバルを圧倒する。

首位打者・川端慎吾は打率.336・8本塁打・57打点、トリプルスリーの本塁打王・山田哲人は.329・38本・100打点、打点王の畠山和洋は.268・26本・105打点の好成績を残す。シーズン終盤に戦線復帰したシーズン60発のバレンティンも、きっちり大一番に照準を合わせてくるだろう。リードオフマン・上田剛史や勝負強いバッティングが光る雄平など、伏兵も存在感を示す。

打線だけではない。石川雅規は13勝9敗・防御率3.31、小川泰弘は11勝8敗・防御率3.11、館山昌平は6勝3敗・防御率2.89と安定したピッチングを披露する。セットアッパー陣は6勝1敗22ホールド(H)・防御率2.36の秋吉亮、5勝5敗23H・防御率2.40のロマン、5勝2敗33H・防御率2.05のオンドルセクの磐石の布陣が揃う。9回になれば3勝1敗6H41セーブ・防御率1.29の最多セーブ・バーネットがきっちり締める。

あわせて読みたい

チケットぴあの記事をもっと見る 2015年10月8日のスポーツ総合記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。