高畑淳子が体当たりで魅せる“九転十起”の不屈の精神

高畑淳子が体当たりで魅せる“九転十起”の不屈の精神
『土佐堀川 近代ニッポンーー女性を花咲かせた女 広岡浅子の生涯』が10月4日(水)、東京・日比谷シアタークリエにて開幕する。NHK連続テレビ小説『あさが来た』の原案となった「小説 土佐堀川」(作・古川智映子)を舞台化した作品である。江戸時代末期、京都の豪商・三井家に生まれた広岡浅子は、大阪の両替商に嫁いで商才を発揮する。家業の再興のために炭鉱経営を始め、銀行を設立し、日本初の女子大を開校させ、生命保険会社を起こすなど、数々の事業を“九転十起”の精神で押し進めた実業家だ。苦悩しながらもたくましく歩んだ女傑の人生を描いた舞台、その主演に高畑淳子が挑むこととなった。初日を間近に控えた某日、高畑とは『ええから加減』(2012、2013年)、『雪まろげ』(2016年)に続く共同作業となる演出家、田村孝裕が指揮をとる稽古場を訪れた。

【チケット情報はこちら】

浴衣姿でスタンバイするキャスト陣の中に、高畑の姿を発見。その浴衣の両袖には手ぬぐいが付けられて、高畑が歩くたびにヒラヒラと揺れている。どうやら振り袖のつもりらしい。和服で大股歩きをして“振り袖狂人”と噂される、そんな威勢のいい18歳の浅子から物語は始まるのだ。

「出だしからの活気とテンポ感、そして空気が変わっていく時の緊張感を大事にやっていきましょう」。田村のこの言葉で、通し稽古がスタートした。大阪の街を想起させるにぎやかな効果音と、心を沸き立たせるジャジーな音楽に乗って、個性豊かなキャラクターが次々に登場する。商売には関心を持たず、趣味の稽古事にいそしむ夫・広岡信五郎(赤井英和)、浅子の忠義な腰元・小藤(南野陽子)、両替商加島屋の主人・広岡正饒(小松政夫)、正饒の次男・正秋(田山涼成)など。田村の狙いどおり、軽快なテンポで人々が現れるたびに、稽古場の空気が西の地の朗らかな熱気に変わっていく。満を持して、袖を振り回して闊歩する浅子が登場すると、ひときわ華やかな笑い声が沸き起こった。若い浅子がどんどん商売にのめり込んでいく、疾走感のある展開が小気味良い。はつらつと飛び回る高畑と、のほほんと構える赤井の組み合わせの妙。そして要所に独自の芸を挿し込んでくる小松の怪演に、抱腹せずにはいられない。

あわせて読みたい

高畑淳子のプロフィールを見る
チケットぴあの記事をもっと見る 2017年9月27日の芸能総合記事

「高畑淳子 + 北川景子」のおすすめ記事

「高畑淳子 + 北川景子」のおすすめ記事をもっと見る

「高畑淳子 + 仮面ライダー」のおすすめ記事

「高畑淳子 + 仮面ライダー」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「長谷川京子」のニュース

次に読みたい関連記事「長谷川京子」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。