チェルシー戦の勝利を手に、川崎Fが無敗街道を突き進む!?

チェルシー戦の勝利を手に、川崎Fが無敗街道を突き進む!?
この勝利は大きい。7月19日、川崎フロンターレが『明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2019』でチェルシーFCを1-0で下した。

【チケット情報はこちら】

戦前、鬼木達監督が語った「自分たちで主導権を握って勝ちたい」は半分だけしか実行できなかったが、結果を残した。思えば4年前、川崎Fは香川真司擁するボルシア・ドルトムントに0-6と大敗を喫した。最後の最後、フィニッシュのところでまざまざと差を見せ付けられたのだ。

今回、チェルシーにボールを握られ、振り回され、2.5倍のシュートを放たれながらも、最後のところで粘り強く守り抜いた。GK新井章太の好セーブで何とか凌ぎ切ったのだ。

違いを見せたのはMF中村憲剛だった。今季は負傷もありここまで出番が少なかった中村だが、83分に途中出場すると、早速浮き球のパスで右SB馬渡和彰をスペースへ走らせ、FWレアンドロ・ダミアンのバーを叩くヘッディングシュートを演出した。87分にはシュートコーナーからの流れでゴール前左でこぼれ球を取った中村がふわりと浮かしたクロスをファーへ放つ。今度はダミアンがヘディングをズバリ。10分間の稼動でMVPを掻っ攫った中村は試合後、「正直、“前半はこれは結構しんどいな”っていうのは感じていた。後半は人も代わり、暑さもあり、向こうの体力も落ちてスペースがどんどん出てきてた。前半と明らかに違った。“結構ショートができそうだな”って雰囲気があった。相手は新チームだし、選手も入れ替わっていたので、仕込まれてないなと。ダミアンが決めてくれて本当に良かった」とゴールシーンを振り返った。

あわせて読みたい

チケットぴあの記事をもっと見る 2019年7月26日のスポーツ総合記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら