バレー男子・日本×カナダ、ベテラン清水が若き西田に下克上

バレー男子・日本×カナダ、ベテラン清水が若き西田に下克上
アメリカでの借りを渋谷で返す。龍神NIPPONが青山学院でカナダにリベンジを期す。

【チケット情報はこちら】

『FIVBバレーボールネーションズリーグ2019』日本×カナダは6月23日・米国ホフマンエステーツで行われた。ミドルブロッカー・山内晶大、アウトサイドヒッター・石川祐希、セッター・関田誠大、オポジット・西田有志、アウトサイドヒッター・福澤達哉、ミドルブロッカー・小野寺太志のスタメンを並べた日本は第1・2セットをカナダにいきなり連取される。後のない第3セットで福澤の連続得点などで25-23と競り勝つと、続く第4セットも勝負どころでサービスエースを決めて25-21とフルセットに持ち込む。第5セットは最後の最後まで粘りを見せるも力及ばず、13-15で惜敗したのだった。

あの悔しい敗戦から1か月半、舞台をアメリカから東京に移し、早速リベンジのチャンスがやって来る。『東京五輪2020』まであと1年である。男子全日本はカナダ、中国との『国際親善試合』を経て、『アジア選手権大会』、そして『FIVBワールドカップ2019』に突入する。『FIVBネーションズリーグ2019』予選ラウンドを7勝8敗・10位で終えた龍神NIPPONにとって、ここから1段も2段もギアを上げる必要がある。『東京五輪』のメダルを目指す以上、加速度を増して強化を進めなければならない。

バレーボール男子日本代表のメンバーは以下の通り。3藤井直伸(東レ/セッター)、5福澤達哉(パナソニック/アウトサイドヒッター)、6山内晶大(パナソニック/ミドルブロッカー)、7伏見大和(ジェイテクト/ミドルブロッカー)、8柳田将洋(ユナイテッド・バレーズ/アウトサイドヒッター)、10古賀太一郎(名古屋/リベロ)、11西田有志(ジェイテクト/オポジット)、12関田誠大(堺/セッター)、13高野直哉(堺/アウトサイドヒッター)、14石川祐希(キオエネ・パドバ/アウトサイドヒッター)、15李博(東レ/ミドルブロッカー)、16高橋健太郎(東レ/ミドルブロッカー)、20小野寺太志(JT/ミドルブロッカー)、21清水邦広(パナソニック/オポジット)、22山本智大(堺/リベロ)

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. バレーボール 女子
  2. バレーボール 男子
チケットぴあの記事をもっと見る 2019年8月1日のスポーツ総合記事

「バレーボール + 女子」のおすすめ記事

「バレーボール + 女子」のおすすめ記事をもっと見る

「バレーボール + 男子」のおすすめ記事

「バレーボール + 男子」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「フィギュアスケート」のニュース

次に読みたい関連記事「フィギュアスケート」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。