4位鹿島×3位横浜FM、上位戦線に食らい付くのは?

4位鹿島×3位横浜FM、上位戦線に食らい付くのは?
3位と4位の対戦だ。『明治安田生命J1リーグ』第22節で、12勝3分6敗・勝点39の3位横浜F・マリノスを11勝5分5敗・勝点38の4位鹿島アントラーズが迎え撃つ。首位FC東京は勝点45を稼いでいる。まだ優勝争いを語る時期ではないが、勝点9差は離されたくないところ。特に鹿島は『ACL』に勝ち残っている。今後の過密日程を考えると、なおさらだ。

【チケット情報はこちら】

ここ2試合、鹿島らしくない戦いが続く。3連勝で迎えた7月31日の第16節・浦和レッズとのアウェイ戦。右サイドを破られて浦和に何度も決定機を作られるも耐え抜き、鹿島はシンプルに縦に速い攻撃を展開。77分に途中出場したFW伊藤翔のヘッドで先制したが、試合終了間際に同点弾を許し、1-1の痛み分けに。

中2日で迎えた第21節は、2週間ぶりの試合と休養たっぷりの湘南ベルマーレのホームへ。コンディションの差を生かし、プレスを仕掛けて湘南が主導権を握る。後半早々に2点を献上すると、鹿島の逆襲が始まる。61分にセルジーニョのゴール、73分に伊藤のPKで同点に。怒とうの反撃を見せた鹿島だが、試合をクローズできない。ラストプレーとなった96分、コーナーキックからヘディングシュートを決められてジ・エンド。

過密日程と2戦連続のアウェイゲームというエクスキューズはあるが、試合終了間際の失点は鹿島らしくない。体力的に厳しくても、主導権を握られても、しぶとく勝点を掴むのが常勝軍団である。中6日、イコールコンディションの相手を迎え嫌な流れを断ち切れるか、横浜FM戦は鹿島の真価が問われる。

あわせて読みたい

チケットぴあの記事をもっと見る 2019年8月9日のスポーツ総合記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら