中島ヨシキ、高橋広樹、南早紀の3人が織りなす音楽朗読劇『ジキルvsハイド』

中島ヨシキ、高橋広樹、南早紀の3人が織りなす音楽朗読劇『ジキルvsハイド』
拡大する(全1枚)
音楽朗読劇『ジキルvsハイド』が2019年11月4日(月・祝)によみうりホールで上演される。原作は、19世紀末のロンドンを舞台としたロバート・ルイス・スティーヴンソンの小説『ジキル博士とハイド氏』。これまで多くの舞台化や映画化がなされてきたが、今回の音楽朗読劇は、登場人物を3人に絞り、地の文で状況を説明しながらセリフを発するスタイルだという。出演する、中島ヨシキ(ジキル博士とハイド氏役)、高橋広樹(アタソン役)、南早紀(マリー役)の3人に話を聞いた。

【チケット情報はこちら】

2018年の初演にはアタソン役を演じた中島。当時ジキル博士とハイド氏役だった江口拓也の演技を見ていたこともあり「自分の役のイメージは何となくできていた」というが、高橋のアタソン役は「自分が初演時にやったものとは全く違うもの」で、「再演ならではの楽しさがある。のびのびとやらせてもらっている」。その上で、「朗読劇は基本的には声と音楽だけ。それができる声優の真骨頂をお客様に見せられる機会になればいいなと思う」と話した。

すでに10月に2公演を終えた高橋は「キャストが違えば、空気も違う。役も話も同じだが、伝わってくるキャッチボールの速度や球筋に違いがあった。稽古ではその違いを味わいつつ、楽しい時間を過ごした」。そして、朗読劇については「お客様と共有できるイメージを作れるか。それが朗読の一番の醍醐味。個人的には、普通の演劇よりも朗読劇の方が、客席との一体感が生まれやすいと思う。一期一会その公演に来てくださるお客様との『ジキルvsハイド』が作れれば」と語った。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

中島ヨシキのプロフィールを見る
チケットぴあの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「中島ヨシキ」に関する記事

「中島ヨシキ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「中島ヨシキ」の記事

次に読みたい「中島ヨシキ」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク