佐々木蔵之介が明治、大正、昭和の40年間を駆け抜ける

佐々木蔵之介が明治、大正、昭和の40年間を駆け抜ける
『夫婦善哉』などで知られる織田作こと織田作之助の原作で、その主人公が森繁久彌の当たり役となった舞台『佐渡島他吉の生涯』。本作が来年グランドオープンするPARCO劇場のオープニング・シリーズ公演第2弾に決定、森新太郎演出、佐々木蔵之介主演で上演される。そこで森と佐々木に、本作にかける思いを聞いた。

【チケット情報はこちら】

「生涯で1本だけ戯曲を書いたことがあって、その主役が織田作なんです」と切り出し、意外にも織田作ファンであることを明かした森。その魅力を尋ねると…。「僕が織田作作品に惹かれる理由は、主人公たちの無名性にあるような気がします。目の前のことだけで精一杯ではあるけれども、苦しいだけでなく、笑って生きている。そんなありふれた市井の人々を見つめる織田作の優しいまなざしが、僕は好きなんだと思います」

そのタイトル通り、大阪の人力車夫である佐渡島他吉の40年に渡る半生を、笑いと涙を交え描き出す本作。『BENT』(2016年)以来2度目のタッグとなるふたりだが、森は佐々木で“喜劇”をつくりたかったのだと言う。「僕にとって蔵之介さんといえば、やっぱり惑星ピスタチオ(※かつて佐々木が所属していた劇団。2000年解散)なんですよね。お客さんを笑わせることしか考えていない、あのトンデモ劇団の(笑)。『BENT』でもユーモア性はありましたが、今回はド直球の、これぞ喜劇ってという作品を蔵之介さんとやりたいと思ったんです」

あわせて読みたい

佐々木蔵之介のプロフィールを見る
チケットぴあの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「佐々木蔵之介 + 舞台」のおすすめ記事

「佐々木蔵之介 + 舞台」のおすすめ記事をもっと見る

「佐々木蔵之介 + 黄昏流星群」のおすすめ記事

「佐々木蔵之介 + 黄昏流星群」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「橋本愛」のニュース

次に読みたい関連記事「橋本愛」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月23日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 佐々木蔵之介 ドラマ
  2. 佐々木蔵之介 映画
  3. 佐々木蔵之介 結婚

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。