ダブルヘッダー『おおきく振りかぶって』開幕、Base Ball Bearも応援に

ダブルヘッダー『おおきく振りかぶって』開幕、Base Ball Bearも応援に
拡大する(全1枚)
ダブルヘッダー特別公演『おおきく振りかぶって』『おおきく振りかぶって 秋の大会編』が、2月14日に開幕。これに先立ち、再演版となる『おおきく振りかぶって』の公開ゲネプロと囲み取材が行われた。

【チケット情報はこちら】

ひぐちアサの野球マンガ『おおきく振りかぶって』を、成井豊が舞台化する本シリーズ。囲み取材では、主人公・西浦高校ピッチャーの三橋廉役を演じる西銘駿が「笑いの絶えない現場だった」と楽しい稽古を振り返る。一方で、脚本・演出を手がけた成井は2作品で4試合というゲーム数の多さを強調しつつ、「打席やボールカウントの行方を、みんなで忘れる瞬間があった」と裏話を披露。登壇したキャストから口々に「すみません!」と謝罪の声が飛ぶと、会見場は笑いに包まれた。

三橋とバッテリーを組むキャッチャー・阿部隆也役の大橋典之は、再演版への出演でシリーズ全てに登板。これを踏まえて、三橋と阿部の信頼関係を「足し算が掛け算に変わって、相乗効果が生まれてきた」と表現する。『秋の大会編』でメイン対戦校となる、武蔵野第一高校ピッチャー・榛名元希役の神永圭佑はシリーズ初参加。野球経験はあるものの「左投げは初めて」らしく、投球ポーズの会得に苦労したエピソードを語った。榛名の相棒となる同校キャッチャー・秋丸恭平役の佐伯亮は「オープニングとエンディングのダンスに注目してください」と呼びかける。

ダンスシーンに用いられる楽曲は、初演に同じくBase Ball Bearの「ドラマチック」。再演版には新曲「いまは僕の目を見て」も挿入されることから、Base Ball Bearのメンバーも応援に駆けつけた。小出祐介は「アニメ版(2007年)で使ってもらうため、『ドラマチック』は1か月くらいかけてつくった大切な楽曲」と思い入れを語り、
編集部おすすめ

当時の記事を読む

チケットぴあの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク