福岡が東京五輪から撤退、最後の花道はトップリーグに

福岡が東京五輪から撤退、最後の花道はトップリーグに
6月14日、『東京五輪』を目指していたパナソニック ワイルドナイツの福岡堅樹が7人制ラグビー男子日本代表からの引退を発表した。ウェブ会見で福岡は「自分の中で後悔しない人生を歩みたいと思ったから。『東京五輪』の延期が囁かれた時から進路について考えてきた。延期されると決まった時には辞退すると決めていた。一度決めた引退のタイミングなので、スムーズにセカンドキャリアへ移行したいと思った」と胸中を明かした。

今回の新型コロナウイルス流行の中、最前線で対応する医療従事者の姿も決断の後押しになった。
「親族に医療従事者がいて、こういう状況の中奮闘している姿を見て、“自分も役に立ちたい”と思うようになったのは確か」

今回はあくまでセブンズ日本代表からの撤退で、ラガーマンとしての引退ではないと本人は念押しした。
「今日がラグビー選手からの引退ではない。パナソニックの一員としてラグビー人生を全うしたい。(シーズンは不透明だが)もしかしたら3月が引退かもしれないし、4月もプレーしているかもしれない。引退はまた自分の口から言いたい。まだパナソニックの一員として優勝していないので、優勝したい。最後のシーズン、チームのみんなと笑ってシーズンを終えたい」

セブンズ日本代表へもエールを送った。
「『リオ五輪』で4位になった。7人制で今までで一番いい成績を収めたが、帰って来てからメダルを取るか取らないかが大きいと感じた。僕はいなくなるが、残ったメンバーが必ずメダルを取ってくれると信じている。主将の松井(千士・サントリーサンゴリアス)選手のトップスピードは僕より速い。パナソニックでチームメイトの藤田(慶和)選手は日本人離れをしたダイナミックなプレーをする」

あわせて読みたい

チケットぴあの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月15日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。