【柔道グランドスラム大阪2018男子100kg超級】影浦心が3位

【柔道グランドスラム大阪2018男子100kg超級】影浦心が3位
11月25日 (日)の、柔道グランドスラム大阪2018男子100kg超級が行われました。
ヘンク・フロルの小内刈りが技あり優勢で優勝。日本選手の結果は以下の通り。

影浦心(日本中央競馬会) 3位
王子谷剛志(旭化成) 7位
原沢久喜(フリー) 2回戦敗退
小川雄勢(明治大4年) 2回戦敗退

あわせて読みたい

気になるキーワード

Player!の記事をもっと見る 2018年11月25日のスポーツ総合記事

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。