福島が初優勝!アンカー相澤で見事な大逆転劇!【第24回全国男子駅伝】

福島が初優勝!アンカー相澤で見事な大逆転劇!【第24回全国男子駅伝】
第24回全国男子駅伝は2019年1月20日(日)に行われた。全7区間を中学生、高校生、実業団を含めた各県の代表チームが駆け抜け、福島が見事初優勝を飾った。

7区は最長区間となる13.0km。先頭の群馬はニューイヤー駅伝も好走したSUBARUの牧。安定した走りを見せるもののペースが上がりきらない。後ろから2位グループの福島と長野が順調なペースで前を追い、ぐんぐんと差を詰めていく。福島は東海大の相澤、長野は早稲田大1年の中谷と、箱根駅伝で活躍したふたりが快走を見せる。5km手前で相澤がついに群馬に追いつき、すさまじいスパートで一気に突き放す。群馬の牧はついていくことができない。そのまま相澤が好走をみせ、福島が初優勝を飾った。東北県勢としても初優勝となった。2位には群馬が入った。福島に抜かれ長野の中谷にも追い抜かれたものの、力をため残り1.5kmで再度抜き返す老獪な走りだった。3位は長野、アンカーの大学一年生中谷が好走した。

1区
7kmの高校生区間。12月の都大路で活躍した精鋭が揃うが、スタートからスローペースで進む。1kmの入りが3分5秒と、各チーム牽制する展開が続く。2km~3kmも47チームが一団となってレースが進む。高知や北海道など3チームが徐々に遅れ始めるなか、残り1kmを切ったところで激しいスパート合戦が繰り広げられる。熊本、山口、宮城、佐賀、長野、大阪らが激しい競り合いを見せ、最後は素晴らしいスパートで突き放した山口がトップでタスキリレーとなった。

あわせて読みたい

気になるキーワード

Player!の記事をもっと見る 2019年1月20日のスポーツ総合記事

新着トピックス

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。