20km通過!2時間8分台のペースでレースが進む【第68回別府大分毎日マラソン】

20km通過!2時間8分台のペースでレースが進む【第68回別府大分毎日マラソン】
第68回別府大分毎日マラソンは2019年2月3日(日)に行われている。マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)への出場権をかけたレースがはじまった。

20km
好ペースのためかサバイバルレースの様相を呈している。17km手前で今度はカネボウの文元が遅れ始める。先程遅れた荻野も2時間12分24秒以内に入ればワイルドカードでMGC出場権を手にすることができる。20km到達のところでペースメーカーだった東洋大の山本が仕事を終える。1km3分台の安定したラップタイムを刻み、好レースをつくっている。先頭集団には深津や大六野、橋本、園田といった実力者がしっかりとついている。

5km
風がやや強いのか、スタート直後は1kmを2分55秒前後のペースで進む。海外招待選手を中心に先頭集団が構成される。注目の大六野(旭化成)は集団の中盤あたりで様子を伺うような走りを見せている。ペースメーカーのひとりとしてレースを引っ張るのは、東洋大学の山本修二。箱根駅伝でも快走を見せた次世代のスター候補がレースをつくっている。

10km
6kmの給水地点で先頭集団が少しばらけたものの、大六野や橋本など有力選手はしっかりと給水を手にする。8.8kmあたりから初マラソンとなる旭化成の茂木がやや遅れ始める。レースは1kmあたり3分ちょっとと例年よりやや速いペースでの好展開となっており、ペースメーカーの山本がすばらしい組み立てを見せている。

あわせて読みたい

Player!の記事をもっと見る 2019年2月3日のスポーツ総合記事

新着トピックス

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。