30km通過!初マラソンの大六野が弁天橋で先頭から遅れはじめる!【第68回別府大分毎日マラソン】

30km通過!初マラソンの大六野が弁天橋で先頭から遅れはじめる!【第68回別府大分毎日マラソン】
第68回別府大分毎日マラソンは2019年2月3日(日)に行われている。マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)への出場権をかけたレースがはじまった。

30km
26kmをすぎたところで招待選手でMGC出場権を持つ上門が苦しい表情を見せ、先頭集団からやや遅れ始める。必死に食らいつき先頭集団に戻るが、今度は中電工の大崎が苦しい走りになる。そして30km手前の登りで初マラソンの大六野がついに離されてしまう。これで先頭集団にいる日本人選手は、兼実、園田、伊藤、橋本、二岡あたりとなる。

5km
風がやや強いのか、スタート直後は1kmを2分55秒前後のペースで進む。海外招待選手を中心に先頭集団が構成される。注目の大六野(旭化成)は集団の中盤あたりで様子を伺うような走りを見せている。ペースメーカーのひとりとしてレースを引っ張るのは、東洋大学の山本修二。箱根駅伝でも快走を見せた次世代のスター候補がレースをつくっている。

10km
6kmの給水地点で先頭集団が少しばらけたものの、大六野や橋本など有力選手はしっかりと給水を手にする。8.8kmあたりから初マラソンとなる旭化成の茂木がやや遅れ始める。レースは1kmあたり3分ちょっとと例年よりやや速いペースでの好展開となっており、ペースメーカーの山本がすばらしい組み立てを見せている。

15km
順調にレースが進む中アクシデント!給水ポイントで中国電力の岡本直己が転倒した。全国男子駅伝でも15人抜きを見せるなどココ最近好調を維持していた岡本、沿道によって立ち止まってしまう。14kmあたりで注目の富士通、荻野も遅れ始めてしまう。MGCを狙う荻野はここで粘りたい。途中から小雨がぱらつき始め、湿度が上がりランナーにとってはやや走りやすいコンディションになってきたか。

あわせて読みたい

Player!の記事をもっと見る 2019年2月3日のスポーツ総合記事

新着トピックス

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。