サニブラウンが大会新記録で2年ぶりに優勝! 日本新記録ならずも10.02で圧勝、日本選手権

記事まとめ

  • 28日に行われた日本選手権の男子100m決勝は、日本記録保持者のサニブラウンや前日本記録保持者の桐生祥秀など実力者が顔を揃えた。
  • スタートの号砲とともにまず抜け出したのは桐生だ。
  • 後半型のサニブラウンが加速力を見せ一気にトップに立ち、10.02の大会新記録で2年ぶりの優勝を果たした。

サニブラウン圧勝!日本新記録ならずも10.02の大会新記録で2年ぶりに優勝!【日本選手権2019男子100m決勝】

サニブラウン圧勝!日本新記録ならずも10.02の大会新記録で2年ぶりに優勝!【日本選手権2019男子100m決勝】
拡大する(全1枚)
日本選手権2019男子100m決勝が6月28日(金)に行われた。大会最注目のこの種目、日本記録保持者のサニブラウン(フロリダ大学)や前日本記録保持者の桐生祥秀(日本生命)、今季好調の小池祐貴(住友電工)など実力者が顔を揃えた。

雨が上がりやや風が吹くコンディション。スタート前は1万人以上入った会場が静寂に包まれる。スタートの号砲とともにまず抜け出したのは桐生だ。序盤30mほどまでトップに立ち、小池やサニブラウンを引き離しにかかる。

後半型のサニブラウンは前傾姿勢を維持し40~50m付近で顔をあげると、他の選手とは明らかに違う加速力を見せ一気にトップに立つ。後半も全くスピードが落ちずに優勝。向かい風-0.3mの中で、日本記録更新こそならなかったものの10.02の大会新記録で2年ぶりの優勝を果たした。

最終結果(-0.3m)
1 サニブラウン・アブデルハキーム(フロリダ大学)10.02
2 桐生祥秀(日本生命)10.16
3 小池祐貴(住友電工)10.19
4 飯塚翔太(ミズノ)10.24
5 多田修平(住友電工)10.29
6 坂井隆一郎(関西大)10.31
7 川上拓也(大阪ガス)10.31
8 ケンブリッジ飛鳥(Nike)10.33

リザルトは「試合詳細を見る」で確認いただけます。

当時の記事を読む

桐生祥秀のプロフィールを見る
Player!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「桐生祥秀」に関する記事

「桐生祥秀」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「桐生祥秀」の記事

次に読みたい「桐生祥秀」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年6月28日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

  1. 桐生祥秀 リレー
  2. 桐生祥秀 大会
  3. 桐生祥秀 記録

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。