中村匠吾が優勝で代表内定、2位服部勇馬も マラソングランドチャンピオンシップ

記事まとめ

  • マラソン代表をかけたマラソングランドチャンピオンシップで、中村匠吾が優勝。
  • 大迫傑、服部勇馬とのデッドヒートを制し、代表内定を勝ち取った。
  • 服部勇馬も2位で代表内定を決めた。

中村匠吾が優勝!2:11:28で代表内定を勝ち取る!2位服部勇馬も代表内定!【マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)速報】

中村匠吾が優勝!2:11:28で代表内定を勝ち取る!2位服部勇馬も代表内定!【マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)速報】
マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)は2019年9月15日(日)に行われた。マラソン代表をかけたレースを制したのは、中村匠吾。設楽悠太が引っ張るレースの中、後方で力をため続け39km前後でロングスパート。大迫傑、服部勇馬との激しすぎるデッドヒートを見事制し、代表内定を勝ち取った。

2位で代表内定を決めたのは服部勇馬。大迫とのラストスパートを制した。3位に入った大迫は代表内定とはならなかったが、冬の3つのレースで、2時間5分50秒の自己ベストを他の選手に破られない限り、代表内定が決まる。

序盤大きく飛び出した設楽悠太は30kmあたりから徐々にペースを落とし、35km前後で捉えられた。その他経過は以下。

5km通過
スタートからいきなり飛び出したのは、前日本記録保持者である設楽悠太。ペースメーカーがいない中、自分のレースを作るべく積極果敢な走りを見せる。5km通過タイムは14:56で、後続を1分ほど引き離す独走体制に。第2集団は様子見の模様。

10km
引き続き設楽悠太が独走体制でレースを進めている。自身の最高タイムを上回る素晴らしいペースに、後続は1分30秒ほど離されてしまう。各選手給水を積極的にとり氷を身体に当てるなど、暑さを気にしている模様。レース後半、どうなるのか。

15km
設楽悠太が1km3分前後の安定したペースで独走を続け、後続を2分ほど突き放す圧巻の走りを見せる。様子見が続いていた第2集団に動きが見られ、山本が飛び出す。それに大迫傑や高久らが反応し、7~8人ほどの集団になる。優勝候補のひとり井上はさらに後ろの第三集団に位置する

あわせて読みたい

Player!の記事をもっと見る 2019年9月15日のスポーツ総合記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら