『ドラゴン桜』主演・阿部寛「16年経って僕もある意味いい皺が刻まれてきた」

『ドラゴン桜』主演・阿部寛「16年経って僕もある意味いい皺が刻まれてきた」
拡大する(全4枚)

2021年4月25日(日)21:00からTBS系で放送開始する日曜劇場『ドラゴン桜』。本作は、2005年に放送された前作ドラマの原作である「ドラゴン桜」(2003年~2007年連載/講談社)の15年後を描く続編「ドラゴン桜2」が原作になっているが、今の時代の日曜劇場でやるべきエッセンスを入れたドラマオリジナルの展開を盛り込む予定だという。前作に出演していた長澤まさみが再び同役で登場することや、生徒役で髙橋海人(King & Prince)、南沙良、平手友梨奈加藤清史郎、鈴鹿央士、志田彩良細田佳央太らが出演することで注目を集める本作。主演を務める阿部寛にインタビューし、今作の見どころなどを聞いた。

――16年ぶりに主人公・桜木建二を演じることが決まった時はどう思われましたか?


いよいよだと思いました。前作を16年前にやって、その後も「『ドラゴン桜』を見て頑張ってきました」と言う生徒さんや「いくら勉強しろって言ってもやらなかったのにうちの子供が『ドラゴン桜』を見て急に勉強し始めた」と言ってくださる親御さんがいらして、未だにそういう話を伺うんです。そんな風に影響を与えていた桜木を演じられるということが非常にうれしいです。


――桜木を演じる上で意識していることは?


桜木建二は常に小細工せずに直球で人と向き合う。その部分は16年経った今も変わらず、直球で生徒と向き合っていきたいなと思います。16年経って僕もある意味いい皺が刻まれてきたので、説得力を真っ直ぐ子供たちに向けていけたらいいなと思っています。


この記事の画像

「『ドラゴン桜』主演・阿部寛「16年経って僕もある意味いい皺が刻まれてきた」」の画像1 「『ドラゴン桜』主演・阿部寛「16年経って僕もある意味いい皺が刻まれてきた」」の画像2 「『ドラゴン桜』主演・阿部寛「16年経って僕もある意味いい皺が刻まれてきた」」の画像3 「『ドラゴン桜』主演・阿部寛「16年経って僕もある意味いい皺が刻まれてきた」」の画像4
編集部おすすめ

当時の記事を読む

阿部寛のプロフィールを見る
PlusParaviの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「阿部寛」に関する記事

「阿部寛」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「阿部寛」の記事

次に読みたい「阿部寛」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク