『ドラゴン桜』細田佳央太「影響を与えられるような役者になりたい」

『ドラゴン桜』細田佳央太「影響を与えられるような役者になりたい」
拡大する(全3枚)

毎週日曜21:00からTBS系で放送中の日曜劇場『ドラゴン』。偏差値32で経営破綻寸前の龍海学園を舞台に、弁護士・桜木(阿部)と水野(長澤まさみ)が特別クラス・東大専科の生徒を東大合格に導くべく奮闘する本作。今回、発達障害を抱えながらも東大専科に入ったことで才能を開花させた昆虫好きの生徒・原健太役の細田佳央太にインタビュー。主演・阿部の印象、役を演じる際に意識していることなどを聞いた。

――ついに最終回ですが、これまで健太を演じてきていかがでしょうか?


感慨深いですね。1話から4話はそこまで出ていなくて、5話で急にスポットが当たるという感じだったので、時間の流れがとても早く感じました。でも、その中でもちゃんと健太に寄り添ってあげられたのかなと自分では思っていて。1個1個、「このシーンではこう考えて演じていたな」と全部頭に残ってるので、健太として生きることが出来ていたのかなと実感しています。


――これまでで一番印象に残っている場面は?


いっぱいあるのですが・・・第5話の海のシーンが一番印象に残ってます。健太の背中が映っているカットをすごい覚えていて、その場面は本編を見た時に「あ、健太だ」と思えたんです。健太をちゃんと表現できているのかなと、その背中から感じることが出来ました。


――桜木先生を演じる阿部さんのご印象は?


阿部さん演じる桜木先生から言葉が発せられるからこそ、生徒一人一人がより感化されているんだろうな、影響を受けてるんだろうなと思うのですが、阿部さんもちゃんと僕たち生徒のことを生徒として見てくださってるなと感じるんです。5話の海のシーンでは、リハーサルが終わった後に阿部さんから「こういうふうにやってみて」というアドバイスをいただけたんです。役者として向き合ってくださってるんだなと嬉しくて、それに応えたいという思いが生まれました。


この記事の画像

「『ドラゴン桜』細田佳央太「影響を与えられるような役者になりたい」」の画像1 「『ドラゴン桜』細田佳央太「影響を与えられるような役者になりたい」」の画像2 「『ドラゴン桜』細田佳央太「影響を与えられるような役者になりたい」」の画像3
編集部おすすめ

当時の記事を読む

細田佳央太のプロフィールを見る
PlusParaviの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「細田佳央太」に関する記事

「細田佳央太」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「細田佳央太」の記事

次に読みたい「細田佳央太」の記事をもっと見る

ニュースランキング

ランキングをもっと見る
お買いものリンク