【ネタバレ】『ドラゴン桜』桜木の教え子たちが大奮闘!W逆転劇の最終回
拡大する(全1枚)

最強の助っ人が登場し、2次試験に向けてラストスパートに突入した東大専科の生徒たち。2次試験からついに迎えた奇跡の合格発表!さらにどんでん返しとなった学園の買収劇。感動と涙が舞い降りた『ドラゴン』(TBS系)の最終回が放送された。


まずは2次試験を目前に控え、専科生徒たちの前に現れたのは2005年版の『ドラゴン桜』で桜木(阿部寛)が龍山高校で教えた特進クラスの生徒たちだった。緒方(小池徹平)、麻紀(紗栄子)、奥野(中尾明慶)の3人。あれ、勇介(山下智久)とよしの(新垣結衣)は?心配することなかれ、しっかり2人も出てくるので、こちらは後述としよう。


東大受験の先輩である緒方らからエールをもらって2次試験本番を迎えた東大専科の面々。藤井(鈴鹿央士)がとにかく格好良かった。2人の受験生にからまれた健太(細田佳央太)を見た藤井は「お前なにも知らないくせに、俺の友だちをバカにすんなよ!」と怒りをぶちまける。ここで何気に出た藤井の「友だち」という言葉に感動を覚えてしまう。「お前らみてぇに性格の悪いヤツらは東大に受からねぇんだよ。お前らは落ちて、健太は受かる」。散々、桜木が藤井に言ってきた言葉だ。もう『ドラゴン桜』は藤井の成長物語といってもいいかもしれない。


まもなく迎えた合格発表の日。結果から言ってしまえば、合格したのは瀬戸(髙橋海人)、楓(平手友梨奈)、天野(加藤清史郎)、健太、小杉(志田彩良)で、早瀬(南沙良)と藤井は不合格だった。まぁ、瀬戸が掲示板を見間違えて不合格だと思い込んでいたところが、瀬戸らしい。また試験中、健太にいやがらせをした2人が再び登場し、健太は裏庭に連れていかれてしまう。だが、ここで現れたのは小橋(西山潤)と岩井(西垣)。いやぁ~、やっぱり頼りになるわ、この2人。眉毛のない"坊主ズ"の2人からすごまれたら、普通に東大を目指すような高校生はビビるしかない。しかも暴力は振るわず、第1話で小橋が桜木からされたような"両手壁ドン"の形での威嚇、1話から繋がる"桜木イズム"を感じて興奮してしまった。