【ネタバレ】『うきわ』二葉が明かす妻が不倫を始めた理由と麻衣子の戸惑い

【ネタバレ】『うきわ』二葉が明かす妻が不倫を始めた理由と麻衣子の戸惑い
拡大する(全1枚)

野村宗弘の漫画『うきわ』を原作に据え、門脇麦×共演・森山直太朗がお隣同士の危うい関係"サレ妻×サレ夫"を演じる『うきわ--友達以上、不倫未満--』(テレビ東京)の第4話が、8月30日に放送された。


早朝のゴミ捨て場や、ベランダで壁1枚をはさんでの会話から交流を深めていた隣人同士の麻衣子(門脇)と二葉(森山)は、初めて社宅を離れ、二人で食事をする。向かい合わせで照れつつも、二葉夫婦の過去の話題に。その頃、二葉の妻・聖(西田尚美)もまた、浮気相手で陶芸教室の先生・田宮(田中樹)に夫婦関係について問い詰められていた。


2人がそれぞれに語る同じ時間――しかし、そこには子どもを持つことや家族観に対する女性と男性の差や、個人差から、別々の景色が見えてくる。30歳までに子どもが欲しかったという聖に対し、二葉は「それは聖さんが欲しいとき。僕はいつでも」「お互いのんびりいこう」と言う。


それを二葉は「言葉選びが下手だった」と、聖は「ツボを押し間違えてる指圧師みたい」と、それぞれ振り返る。おそらくこの時点でもまだ二葉は聖の本当の痛みに気づいていない。言葉の選び方を間違えたわけではなく、痛くない場所ばかりさすり続けていたのだろう。


妻を大切に思うからこその二葉の優しさは、「僕」という主体のなさにつながり、夫婦二人の問題であるはずが、聖一人の問題にしてしまっていた。次第に「笑顔が好きだった」聖は笑わなくなり、「(聖の)気持ちがつかめなくなった。全然とれないUFOキャッチャーみたいに」と言う。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

PlusParaviの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「不倫」に関する記事

「不倫」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「不倫」の記事

次に読みたい「不倫」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク