【ネタバレ】重岡大毅主演『#家族募集します』"家族"を繋ぐ旅行と写真

【ネタバレ】重岡大毅主演『#家族募集します』"家族"を繋ぐ旅行と写真
拡大する(全1枚)

「にじや」の家族それぞれの「夏の思い出作り」が行われた『#家族募集します』(TBS系)第7話だったが、なんとも衝撃的なラストを迎えてしまった。めいく(岸井ゆきの)の息子・大地(三浦綺羅)と、まるで本当の祖父と孫のように、散歩と銭湯、将棋と怪獣ごっこ、屋上でのキャッチボールを楽しんでいた銀治(石橋蓮司)が突然倒れた。この先どうなるのだ!?と、次回が気になってしょうがない。


それはそうと、『#家族募集します』において欠かせないものは「写真」である。第6話で、銀治と黒崎(橋本じゅん)、ナオト(井口理)の前で明かされ、第7話で黒崎によって皆に知れ渡った蒼介(仲野太賀)の「元カメラマン」という過去、そしてそれを象徴する「にじや」のかつての賑わいを示した写真だけではない。俊平(重岡大毅)の亡き妻みどり(山本美月)の生きた痕跡、過去となってしまった幸せな時間を切り取ったものとして、俊平・陽(佐藤遙灯)が以前住んでいた家には数多くの家族写真が存在していた。


特に、第5話、夏のビックイベントの一つ「夏祭り」を髣髴とさせる、つまりは「夏の思い出第1弾」とも言える「にじやフェス」における「写真」の活躍は大きい。蒼介が、それぞれの家族の幸せな光景をカメラに納めていき、中でも黒崎親子の「ベストショット」を撮ることで、不器用な二人の家族愛を証明した第5話は、まさに「写真」メイン回だったと言える。そして、今回の「夏の思い出第2弾」でもある第7話は、「写真」を軸に、その第5話と対になっている。なぜなら、第7話は、逆に「写真を撮れない」回なのだ。冒頭の「みどりの本の完成を記念した写真」を撮っていた頃の回想を例外として。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

重岡大毅のプロフィールを見る
PlusParaviの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「重岡大毅」に関する記事

「重岡大毅」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「重岡大毅」の記事

次に読みたい「重岡大毅」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク