【ネタバレ】門脇麦主演『うきわ』麻衣子が不倫相手と対峙!後ろめたさの理由

【ネタバレ】門脇麦主演『うきわ』麻衣子が不倫相手と対峙!後ろめたさの理由
拡大する(全1枚)

野村宗弘の漫画『うきわ』を原作に据え、門脇麦×共演・森山直太朗がお隣同士の危うい関係"サレ妻×サレ夫"を演じる『うきわ--友達以上、不倫未満--』(テレビ東京)の第6話が、9月13日に放送された。


麻衣子(門脇)はとうとうベランダで互いの間を隔てていた壁を乗り越え、二葉(森山)のもとに行く。しかし、突然、帰りが遅いはずだった二葉の妻・聖(西田尚美)が帰って来て・・・。聖になじられた麻衣子は言う。「自分だって浮気しとるくせに!」


突然きた修羅場。しかも「自分だって」? いやいや、現時点では別に浮気しているわけじゃ・・・と思ったら、これは麻衣子が二葉のことを思う後ろめたさからくる妄想で、気づいたらベランダから飛び降りて外にいた。


一方、そんな思いも知らず、たっくん(大東駿介)は麻衣子の奇妙な言動に、自分の浮気がバレたのではないかと冷や冷やする。それどころか、浮気相手の福田(蓮佛美沙子)に「俺らのこと、誰かに話した?」と直接聞くとは、どこまで自分本位なのだろう。


心ここにあらずの状態で「携帯見られた? でも俺、顔認証だよ。パスワードか? でも、俺、最近パスワード変えたんだよ」と小心者丸出しに呟く姿を見たら、100年の恋も冷めそうなものだ。しかし、残念ながら福田が好きになった理由も、距離感がバグッた"陽キャ"ぶりにあったことが、大学時代の回想シーンでわかる。


真面目で地味な学生だった福田は、フレンドリーで明るいたっくんに惹かれ、同じ会社に入社したところ、たっくんが広島支社から東京本社に転勤になってきたのだった。エリート彼氏を自分が社会で勝つための「武器」と考える福田にとって、たっくんは純粋に「恋」の相手だった。だからこそ、自分の美しい記憶も汚した不倫の代償は大きい。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

門脇麦のプロフィールを見る
PlusParaviの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「門脇麦」に関する記事

「門脇麦」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「門脇麦」の記事

次に読みたい「門脇麦」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク