【ネタバレ】北山宏光主演『ただ離婚してないだけ』人間の醜態がますます露わに

【ネタバレ】北山宏光主演『ただ離婚してないだけ』人間の醜態がますます露わに
拡大する(全1枚)

こんなにも人が堕ち行く様をありありと見せてくれるドラマも珍しい。『ただ離婚してないだけ』(テレビ東京ほか)第10話は、原作と大きく違う展開が描かれた。


監禁されている佐野(深水元基)が遂に柿野家から逃げ出した。3度目の脱出の試みにして、遂に逃げ切ったのだ。肋骨も見えるほどに痩せこけ囚われの身を見事演じ切っている深水の役者魂に敬服だ(今回の役作りのために15キロ以上減量されたようだ)。早々に逃げ出すのではなく、一服を挟み久々に煙草にありついた時のこの上なく幸せそうな顔、長らく二足歩行してこなかった人間が歩き出した時のあの足に力が入らない歩き方、叫ぼうにもうまく発声できない様子など全てがリアルで、彼が社会と断絶されていた"悪夢"の時間を確かに見せてくれた。あの柿野家の2階の一室での現実離れしたシチュエーションが、白日に晒された時の異質感、違和感が凄まじかった。またあれだけ過酷な状況に追いやられても性根の悪さが変わらぬ佐野の逞しさもある意味すごい。


嘘をつく時に、真実も紛れ込ませればその嘘はバレにくくなると言うが、刑事の池崎(甲本雅裕)と萌(萩原みのり)の弟・創甫(北川拓実)を前にした際の柿野正隆(北山宏光・Kis-My-Ft2)と妻・雪映(中村ゆり)が正にそうだ。


ただ、その中でようやく堕胎手術のことなどを口にし、雪映が創甫の元を訪れていたことを初めて知る正隆。改めて彼らが大切なことは何も話し合ってこなかったのだと思い知らされる。顔色一つ変えず対応する雪映に対して、刑事が萌と佐野が殺されている可能性に言及した途端瞳孔が開く正隆。任意の家宅捜査を断固拒否した雪映と、うなだれるしかない正隆。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

北山宏光のプロフィールを見る
PlusParaviの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「北山宏光」に関する記事

「北山宏光」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「北山宏光」の記事

次に読みたい「北山宏光」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク