【ネタバレ】門脇麦主演『うきわ』2組の不倫が終焉、二葉が実感した大切な存在

【ネタバレ】門脇麦主演『うきわ』2組の不倫が終焉、二葉が実感した大切な存在
拡大する(全1枚)

野村宗弘の漫画『うきわ』を原作に据え、門脇麦×共演・森山直太朗がお隣同士の危うい関係"サレ妻×サレ夫"を演じる『うきわ--友達以上、不倫未満--』(テレビ東京)の第7話が、9月20日に放送された。


前回、会社の納涼祭で夫「たっくん」こと拓也(大東駿介)の浮気相手が福田(蓮佛美沙子)だと知ってしまった麻衣子(門脇)。しかし、麻衣子は自分がそれを知ったことを夫には言わないでくれと福田に言い、その夜、家を出る。麻衣子が今守ろうとしているのは、たっくんとの夫婦生活ではなく、「壁1枚隔てた二葉(森山)さんとの日々」なのだろう。その一方で、やりきれない思いが溢れ出しての「家出」だったのか。


その頃、麻衣子がいなくなったと拓也に聞いた二葉は、必死で走って探し回る。河原でしゃがみこむ麻衣子の姿を見つけた二葉の律義な行動――麻衣子に声をかける前に夫・拓也に電話で知らせる――が、なんとも言えず「二葉さん」らしい。


そこで二葉は、麻衣子に自分がうきわだったと言われて嬉しかったと言い、こう告げる。「僕にとっても中山さんが"うきわ"でした」


そこに拓也が現れ、自宅に連れ戻された麻衣子だが、二葉のその一言が心の中でリフレインしている。すると、二葉の妻・聖(西田尚美)がパート先のクリーニング屋にやってくる。聖が去った後、二葉のジャケットをふんわりと自然に抱き寄せる麻衣子の仕草には、「友達以上、不倫未満」の愛おしさが溢れていた。たっくんに憎しみや怒りを抱いている時期ならともかく、心の中にもういない今、中山家は修復不可能に見える。


あわせて読みたい

門脇麦のプロフィールを見る
PlusParaviの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「門脇麦」に関する記事

「門脇麦」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「門脇麦」の記事

次に読みたい「門脇麦」の記事をもっと見る

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク