【ネタバレ】北山宏光主演『ただ離婚してないだけ』生き地獄の中の束の間の幸せ

【ネタバレ】北山宏光主演『ただ離婚してないだけ』生き地獄の中の束の間の幸せ
拡大する(全1枚)

柿野家に招かれざる客―ラスボス・仁科(杉本哲太)がやって来た『ただ離婚してないだけ』(テレビ東京ほか)も、最終話まで残すところあと1話となった。


第11話では、柿野夫婦とそして監禁生活からようやく脱出できた佐野(深水元基)を襲う「天国と地獄」が描かれた。必死の思いで逃げ出したのも束の間、最も見つかりたくなかった仁科にそのまま連行されてしまうのだから、佐野の"持ってなさ"が辛い。拷問を受け、正隆(北山宏光・Kis-My-Ft2)と妻・雪映(中村ゆり)が萌(萩原みのり)の遺体を掘り起こしている現場をおさえた画像が記録されているSDカードを仁科に渡した途端、お役御免となった。


一方、逃避行中の柿野夫婦の姿はどこからどう見ても新しい命を授かり幸せの渦中にいる二人で爽やかで神々しくさえある。雪映の口からこぼれる「今がいっちばん幸せ」という言葉も、彼女の妹が心の底から言う「なんか本当に夫婦みたい」もどちらも本心から出た言葉に違いないからこそ、より一層切なさが募る。確かに、何の罪も犯していなかった頃の柿野夫婦の食卓には会話の一つもなく、正隆はずっと雪映を、というより目に入るもの全てに敵意を剥き出しで睨みつけ、何より自分自身への憎しみをあらわにしていた。その時を思えば、第9話で雪映が発した「これからは何をするにも2人一緒が良い」という要望は叶えられているどころか、もうお互いに"互いしか(全てを知っており共有できる相手が)いない"かなり閉じた粘着度の高い密な関係性ではある。歪すぎる"共依存"関係だ。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

北山宏光のプロフィールを見る
PlusParaviの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「北山宏光」に関する記事

「北山宏光」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「北山宏光」の記事

次に読みたい「北山宏光」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク