【ネタバレ】『東京、愛だの、恋だの』妻と不倫相手の矜持がぶつかり合う

【ネタバレ】『東京、愛だの、恋だの』妻と不倫相手の矜持がぶつかり合う
拡大する(全1枚)

動画配サービス「Paravi」の完全オリジナル作品『東京、愛だの、恋だの』第4話は主人公・かえ(松本まりか)の職場に恋人・達也(梶裕貴)の浮気相手(?)が乗り込んできたことをきっかけに険悪ムードになる2人の様子から始まる。(達也は全く何の弁明もしなかったが、本当に浮気相手なのだろうか...)


今話では、弁護士・正木優子(趣里)が自身の依頼人である夫に不倫された妻・美咲(安藤聖)と、不倫相手の千恵(安藤玉恵)の直接対決から自身の人生設計を立て直すことになる。妻と不倫女の矜持がぶつかり合い、弁護士まで含めた3人の女性の人生のリセットが描かれた。


「自分のものになりもしない物件に月々の家賃を払い続けるのがバカバカしくなってきちゃって」と賃貸からマンション購入に切り替えを検討していた優子だが、譲れない条件として「事務所から徒歩圏内の港区」「2LDK」を挙げる。


優子が手放そうとしていることを人間関係に当てはめると「自分のものになりもしない(=婚など将来を約束したパートナーシップは築けない)物件(=男)」となるにもかかわらず、それに気づかないばかりか結局その男が通いやすい立地と間取りを要望し表面上の変化しかもたらせそうにない優子の矛盾もいたたまれない。


夫の挙動不審に気づき、血眼になって不倫相手のSNSアカウントを探し当て、毎日"ちえぞう"の更新状況をチェックしている美咲も、彼女が悪いだけではないもののやっていることは"ネットストーキング"と何ら変わらず、そこに書かれていないことまでLINEのやり取りや夫の帰宅時間などと照らし合わせ想像力をフル稼働させストーリーを紡ぎ出している。もはや、美咲は憎き"ちえぞう"のことを誰よりも事細かに把握できている状況で、彼女の中で"ちえぞう"の人物像が一人歩きしてしまっている。これもまたあまりに観ていて苦しい。


あわせて読みたい

PlusParaviの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「不倫」に関する記事

「不倫」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「不倫」の記事

次に読みたい「不倫」の記事をもっと見る

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク