【ネタバレ】門脇麦主演『うきわ』麻衣子と二葉、二人らしい愛の決断のその先

【ネタバレ】門脇麦主演『うきわ』麻衣子と二葉、二人らしい愛の決断のその先
拡大する(全1枚)

野村宗弘の漫画『うきわ』を原作に据え、門脇麦×共演・森山直太朗がお隣同士の危うい関係"サレ妻×サレ夫"を演じる『うきわ--友達以上、不倫未満--』(テレビ東京)の最終話となる第8話が、9月27日に放送された。


夫・たっくん(大東駿介)の浮気を知りつつも、隣人の二葉(森山)と離れたくないために、離婚を思いとどまる麻衣子(門脇)だが、そんな中、二葉が福岡に転勤することに。


二葉からメッセージが届き、二人が待ち合わせたのは、カラオケ屋だ。二人だけのお出かけは、食事に次いで2度目。「待ち合わせ」というのが新鮮で良いし、受付で予約名「二葉」を名乗る麻衣子の照れくささが後ろ姿から漂う。オタクが「推し」の名でファミレスやカラオケに受付するときの照れくささにも似ているだろうか(いや、違う)。


向き合う照れくささをごまかすように、「二葉です」と名乗ってみせる二葉。「あ、中山です」と麻衣子ものっかり、「そういえば、二葉さん、下の名前、何ですか」。


おそらく当事者以外全ての人が「今、そこ!?」とツッコむところだが、「一です」「長男なんですか」「姉二人で、末っ子なんですけど長男です」「なんとなくお姉さんがいるのかなーと」「麻衣子さんは」「知ってたんですか、私の名前」......と二人の間では違和感なく、初々しい会話が続く。


名前の漢字を聞き、「あったかい名前ですね、麻衣子、麻衣子......」と本人を目の前にして連呼する二葉の無防備さと、名前を呼ばれる嬉しさを口にし、「麻衣子に生まれて良かったです」と言う麻衣子の素直さと。自分の気持ちを言葉にするのが苦手だった麻衣子が、二葉に対しては堰き止めるものがないように溢れ出す。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

門脇麦のプロフィールを見る
PlusParaviの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「門脇麦」に関する記事

「門脇麦」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「門脇麦」の記事

次に読みたい「門脇麦」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク