【ネタバレ】『来世ちゃん2』スタジオデルタの面々の"ちゃんと"は来世に持ち越し!

【ネタバレ】『来世ちゃん2』スタジオデルタの面々の"ちゃんと"は来世に持ち越し!
拡大する(全1枚)

「スタジオデルタ」での徹夜明け、突然、クライアント会社の白木(SWAY)にプロポーズされた梅(太田莉菜)。聞けば、親を安心させるために結婚したい白木は、美少年・レオ(板垣李光人)との同居も継続したく、でも結婚するなら美しい女性と・・・いう判断で梅に求婚する姿が描かれた『来世ではちゃんとします2』の最終回が放送された。


3人での同居を前提に付き合ってほしいと言われたBL好きの梅は、ゲイカップルの部屋の観葉植物になる!という、とんでもない夢を叶えられるのでは・・・と妄想。だが白木はバイセクシャル。男女の性的なことや恋愛は苦手だという梅に対し、「あっても、なくても派なんで」と合理的に割り切り、契約違反なら即離婚、500万の慰謝料で契約を交わすことを持ち掛けられる。梅にとっては、何かと好条件の結婚話を出社してきた江(内田理央)が全て聞いていたのだった。そもそも、社員たちの出社前に会社でプロポーズされる状況って!(笑) 「スタジオデルタ」の面々も不思議だが、周囲の人間模様もユニークだなと思わずにはいられない。


結婚願望のない梅も、慰謝料をもらってバツ1のほうが結婚しろと言われなくなるという部分には利点を感じているよう。複雑な自身の恋愛事情もあってか、「バツ1の称号って憧れるよね・・・」「元旦那が~とか私も言ってみたいよ」と漏らす桃江。その本音に妙にパンチがあって、サラッと言っている割にはずっしり重く感じた。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

太田莉菜のプロフィールを見る
PlusParaviの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「太田莉菜」に関する記事

「太田莉菜」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「太田莉菜」の記事

次に読みたい「太田莉菜」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク