【ネタバレ】康介を殺したのは弟の優?ドラマ『最愛』を考察する

【ネタバレ】康介を殺したのは弟の優?ドラマ『最愛』を考察する
拡大する(全1枚)

連ドラを観ることを日常の楽しみにしている人たちにとって「プロデューサー:新井順子×演出:塚原あゆ子」の組み合わせは、もはやひとつのブランドだ。そしてこの2人のタッグには3つの路線がある。


『アンナチュラル』『MIU404』(共にTBS系)など脚本に野木亜紀子を迎えた社会派ヒューマンミステリー路線。『私 結婚できないんじゃなくて、しないんです』『中学聖日記』『着飾る恋には理由があって』(いずれもTBS系)など脚本に金子ありさを迎えたラブストーリー路線。『夜行観覧車』『Nのために』『リバース』(いずれもTBS系)など脚本に奥寺佐渡子、清水友佳子を迎えたサスペンス路線だ(『Nのために』は奥寺の単独執筆)。


これまでイヤミスの女王・湊かなえの人気小説を原作にしてきたサスペンス路線で、ついに奥寺、清水脚本によるオリジナル作品を世に放つ。それが、期待の新ドラマ『最愛』(TBS系/毎週金曜22:00~)だ。


ヒロインには、同じく新井プロデュース&奥寺、清水脚本による『わたし、定時で帰ります。』(TBS系)で主演を務めた吉高由里子。そして、『MIU404』にゲスト出演し鮮烈な印象を残した松下洸平。『アンナチュラル』の中堂さんで新たな魅力を開花させた井浦新と、キャストは鉄壁の布陣。ドラマファン注目の新作がいよいよそのヴェールを脱いだ。


事件の最重要人物は、弟・優か?それとも陸上部部員か?


すべての始まりは、2006年。緑豊かな岐阜県・白川郷で、ある1人の青年が姿を消した。失踪した男の名は、白山大学大学院薬学部2年・渡辺康介(朝井大智)。康介の消息が掴めぬまま15年の月日が流れたある日、山中で康介の白骨遺体が発見された。そして、それから10日後、今度は康介の父・昭(酒向芳)の遺体が見つかる。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

PlusParaviの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク