【ネタバレ】『じゃない方の彼女』小悪魔なえくぼに溺れ、成人を祝う瞬間

【ネタバレ】『じゃない方の彼女』小悪魔なえくぼに溺れ、成人を祝う瞬間
拡大する(全1枚)

企画・原作を秋元康、演出を三木康一郎が手掛ける "不倫コメディ"『じゃない方の彼女』(テレビ東京)の第二話が10月18日に放送された。特別目立つことのない人生を送ってきた「じゃない方」の男性で大学准教授の雅也(濱田岳)は、とあるアクシデントから女子大生・怜子(山下美月)と知り合い、彼女が自分の勤める大学の学生だったこと、趣味の盆栽教室が一緒だった偶然などを経て、頬に突然キスされる。


この"天然魔性"ぶりに戸惑う雅也は、翌日の講義中、気もそぞろだ。しかし、忘れようとする中、怜子が教官室を訪ねてくる。しかも、周囲の目も気にせず、「このあいだはご馳走様でした!」と明るく言い、慌てる雅也が「あらぬ誤解が・・・」と部屋をわざと開けておこうとすると不思議そうな顔。さらに「お礼」としてクッキーを渡す。


ますますうろたえ、固辞する雅也に「硬すぎます!」「早くしまって!」と強引に渡し、さらに飲みかけの缶コーヒーを「これもらっても良いですか?」と飲んでみせる。マイペース美女に強引に押し切られることも、"間接キス"も、大昔から少年漫画などで描かれてきた男子の妄想ド定番だ。


ただし、大きく異なるのは、主人公が既婚者であること。


だからこそ、盆栽教室で「今日どうします? またご飯でも行きますか」と誘われても、めいっぱい理性を保って断るのだが、「じゃ、間をとって連絡先だけ交換しましょ」と意味不明なことを言われて、つい応じてしまったり、LINEのやり取りで浮足立ってしまったり。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

PlusParaviの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク