【ネタバレ】坂口健太郎の寝相にキュン!清野菜名主演『ハンオシ』が描く夫婦の形

【ネタバレ】坂口健太郎の寝相にキュン!清野菜名主演『ハンオシ』が描く夫婦の形
拡大する(全1枚)

あなたはこの"キテレツ白アスパラ"を愛せるか。それが、おそらくこのドラマを楽しめるかどうかの最大の分かれ道でしょう。


10月19日スタートの新ドラマ『婚姻届に判を捺しただけですが』(TBS系/火曜22:00~)。500万の借金のカタに、会ったばかりの男と偽装結婚する。そんな現実ではちょっとありえないようなお話です。ここを「ありえない!」と回れ右するか、「何それ最高」と突き進むかは、あなた次第。


僕はと言うと、もう全力でアクセル踏んだ。なんならキノコとか使って、ちょっとスピードアップするレベル。


なぜなら、そこに"キテレツ白アスパラ"こと百瀬柊(坂口健太郎)がいるからです!


百瀬が坂口健太郎じゃなかったら、間違いなくぶっ飛ばしてます


主人公は、27歳のデザイナー・大加戸明葉(清野菜名)。今のところ結婚願望はゼロ。仕事が楽しく、ひとり時間を満喫している明葉にとって、結婚は不要な変化でしかなかった。


ところが、両親に代わって自分を育ててくれた祖母・初恵(木野花)の小料理屋を守るため、急遽700万円もの大金を用意しなければならない事態が発生。貯金が200万円しかない明葉は、残る500万円を知り合ったばかりの百瀬から借りることに。


借金の条件は、ただひとつ。愛のない結婚を望む百瀬と、偽装結婚することだった――。


この百瀬という男、率直に言うと、とんでもなくヤバいやつ。何かとうるさい世間をあざむくためのカムフラージュ婚というところまでは、まあギリギリわからなくもないです。この世の中は、独身に肩身が狭いようにできている。ここまで露骨じゃないにしても、親に「早く結婚して子どもの顔を見せてほしい」と言われたり、周りから「なんで結婚しないの?」と聞かれるのが面倒くさくて、とりあえずとっとと既婚者になりたい、と思っている20~30代はそこそこいる気がする。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

坂口健太郎のプロフィールを見る
PlusParaviの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「坂口健太郎」に関する記事

「坂口健太郎」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「坂口健太郎」の記事

次に読みたい「坂口健太郎」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク