【ネタバレ】『つまり好きって言いたいんだけど、』俳優の心に寄り添うマネージャーの存在

【ネタバレ】『つまり好きって言いたいんだけど、』俳優の心に寄り添うマネージャーの存在
拡大する(全1枚)

嘘だけは許せない元小学校教師の冴島千歳(大原櫻子)と嘘が巧みでブレイク寸前の注目俳優・藤代瀬那(櫻井海音)がプライベートでも大接近した『つまり好きって言いたいんだけど、』(テレビ東京ほか)第3話。


アイドルとマネージャー、かつ私生活でも同居人となってしまった2人。瀬那が千歳に手渡した合鍵は、今のところ公私共に彼女を縛り付ける首輪のようにも見えなくもない。


「あんな風にこれからもちゃんと見ててあげて。俳優っていつも周りに沢山の人がいて華やかに見えるかもしれないけど、実は孤独なのよ。だからマネージャーにはいつも近くにいて欲しいの。誰がなんて言おうとこの人だけはわかってくれる、たった一人だけは味方がいるんだって思えるから」


これは瀬那と共演する大女優・一色涼香(黒木瞳)から千歳が言われた言葉だが、瀬那にとって千歳は既にもうそんな特別な存在になっているのだろう。


"ライダー俳優"から脱するための転機を掴むべく事務所総出で気合が入っている中、大御所の迫真の演技を目の当たりにして自身の役者としての壁を感じていた瀬那は、「俺も本物の演技をしてみたい」と千歳の前でこぼす。それをそのまま即座に"私たちの目標にしましょう"と言ってくれた千歳の存在は、自身の実力不足や方向性に悩む彼にはどれだけ心強く頼もしく映ったことだろう。元々、誰かの夢や成長をサポートしたい思いが強く面倒見の良い千歳にはマネージャーという仕事は適職のように思えるが、真面目な千歳ゆえ自分が"腰掛けマネージャー"をしていること自体、無責任なことのように思えてきたようだ。いずれにせよ、瀬那は俳優として、千歳もマネージャーとして改めて真剣に自身の役割を自覚し直すことになったようだ。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

大原櫻子のプロフィールを見る
PlusParaviの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「大原櫻子」に関する記事

「大原櫻子」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「大原櫻子」の記事

次に読みたい「大原櫻子」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク