【ネタバレ】なぜ弟は消えたのか?ドラマ『最愛』の考察が止まらない

【ネタバレ】なぜ弟は消えたのか?ドラマ『最愛』の考察が止まらない
拡大する(全1枚)

康介(朝井大智)を殺したのは、やはり優(柊木陽太)だった。


早くも考察膨らむ『最愛』(TBS系/毎週金曜22:00~)。だが、視聴者の推理を嘲笑うように、第2話にして重大な真実が明かされた。ここからどう展開するのか。今後のストーリーを考察する。


梨央を守ろうとしているのは、弟の優か?母の梓か?


薬で眠らせた梨央(吉高由里子)を襲おうとして、優に刺されてしまった康介。揉み合った末の事故とはいえ、幼い弟が人を殺してしまった事実を知った梨央は、証拠の動画と共にその事実を抹消した。


優は自分が守る。そう改めて決意した梨央は、弟を東京に呼び寄せ、共に暮らすことを決める。だが、5年後、弟は姿を消した。なぜ弟は梨央の前からいなくなったのか。


考えられる最も大きな理由は、優自身が康介を手にかけた記憶を何かしらの拍子で思い出したためだろう。自分が犯罪者であると知った優は、最愛の姉に迷惑をかけられないと、自ら梨央のもとから立ち去った。


情報屋(高橋文哉)が優であることは、ほぼ確定でいいと思う。問題は、隠しカメラまで仕掛けて梨央を監視する目的が何なのかだ。おそらく後藤(及川光博)の命令は隠れ蓑。本来の目的は姉を見守ることなんだと思う。自分が犯した罪を知った弟が、姉に再び危機が迫ったときのために盾になっているとしたら・・・。目深にかぶった帽子のつばに隠されたあの瞳にどこか純粋なものを感じる理由がわかる。


康介殺しの真相が明らかになった以上、気になってくるのは、誰が康介の父・昭(酒向芳)を殺したかだ。昭の遺体が発見された公園の近くに、事件当夜、梨央がいたことが防犯カメラの映像によって明らかになった。やはり昭の死に何かしら梨央が関わっていることは疑いようがないだろう。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

梨央のプロフィールを見る
PlusParaviの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「梨央」に関する記事

「梨央」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「梨央」の記事

次に読みたい「梨央」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク