【ネタバレ】『じゃない方の彼女』まさかの朝チュン!?女子大生と衝撃の朝

【ネタバレ】『じゃない方の彼女』まさかの朝チュン!?女子大生と衝撃の朝
拡大する(全1枚)

企画・原作を秋元康、演出を三木康一郎が手掛ける "不倫コメディ"『じゃない方の彼女』(テレビ東京)の第3話が10月25日に放送された。特別目立つことのない人生を送ってきた「じゃない方」の男性で大学准教授の雅也(濱田岳)と女子大生・怜子(山下美月)の距離は、「3回の偶然」を経て近づき、さらなる偶然により、怜子の20歳の誕生日の瞬間を一緒に祝うことになる。


しかし、翌朝目を覚ますと、二人は怜子の部屋のベッドに裸で寝ていた。そこに妻から所在を尋ねるLINEが・・・。雅也は床に落ちたブラジャーを拾い上げ、震えあがりつつ、起きてきた怜子に「もしかしてなんですけど...しちゃいましたかね?」。おそるおそる尋ねると、「もしかしてですけど、覚えてないんですか?」と言い、「ひどい!」と怜子は泣いてみせる。ここまではなんともベタな展開だ。


しかし、土下座して謝罪する雅也に、ワンピースがわりに着たブカブカTシャツ姿で朝食を勧める怜子は、二十歳になったばかりとは思えない余裕を見せる。おまけに、雅也の髪をぐしゃぐしゃにし、試験の採点をしているうちに寝てしまったと妻に言えば良いという朝帰りの言い訳までアドバイスしてみせるのだ。


しかし、今回は、そんな怜子の小悪魔ぶりに負けず劣らず、妻・麗(小西真奈美)の魅力が発揮される回でもあった。何故なら、朝帰りの夫をおそらく寝ずに待ち、何度も連絡したと怒ってみせるのに、「電源が切れちゃってて」という見え透いた嘘をつかれると、「そっか~」と笑顔で労ってくれるのだから。娘が「お花畑のニオイがする」と言い、自身も嗅いで「ほんとだ。めっちゃフローラル」と言っても、それ以上追及しない。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

PlusParaviの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク