【ネタバレ】清野菜名主演『ハンオシ』から考える、今、坂口健太郎にときめく理由

【ネタバレ】清野菜名主演『ハンオシ』から考える、今、坂口健太郎にときめく理由
拡大する(全1枚)

ピュアなラブストーリーの名作といえば『耳をすませば』。嫌味な態度でからかってくる天沢聖司くんに対し、「やなヤツ!やなヤツ!やなヤツ!」とプンスカしていた月島雫が、いつの間にか恋におちていた。これはもうラブストーリーにおける、ひとつの定型なわけです。


そんな定型を存分に味わわせてくれるのが、『婚姻届に判を捺しただけですが』(TBS系/火曜22:00~)。第2話も、ひたすら坂口健太郎を愛で続ける1時間でした。


百瀬柊は「イラ可愛い」という概念を生み出しつつあると思う


とにかくこのドラマ、前半パートでは主人公の明葉(清野菜名)と一緒に、百瀬(坂口健太郎)についてイライラするのが正しい楽しみ方。この百瀬という男、とにかく一言多いのよ。


玄関にお気に入りのガチャガチャコレクションを並べて飾った明葉。それを百瀬は「犬のフン」に例え、「どちらも共用スペースを過ごし、共用する相手を不快にさせているという点で同じです」とバッサリ。まあここまでは、百瀬の言ってることも筋が通ってるし、許します。心に菩薩を召喚します。


が、これだけではおさまらないのが百瀬の性格の悪さ。最後に「今後は言われる前にやってください。言われなきゃできないのは子どもと同じですから」とダメ押しの嫌味。


ふ~~~~~!(大きく深呼吸をしてから)


(ドスのきいた声で)・・・・・・おめえ、坂口健太郎の顔じゃなかったらとっくにぶっ飛ばしてっからな。


こちらに良心という名のブレーキさえなければ、毎朝寝相を盗み撮りして、会社の同僚にばらまいてます。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

清野菜名のプロフィールを見る
PlusParaviの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「清野菜名」に関する記事

「清野菜名」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「清野菜名」の記事

次に読みたい「清野菜名」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク