【ネタバレ】『この初恋はフィクションです』正反対な泉と紗羽を結んだ反骨精神

【ネタバレ】『この初恋はフィクションです』正反対な泉と紗羽を結んだ反骨精神
拡大する(全1枚)

転校初日から一度もクラスメイトの前に姿を現さず、それなのに存在感を異様に放つ正体不明の転校生・祖父江広樹は第3週目でも顔は明かされずだった『この初恋はフィクションです』(TBS系)。彼のスマホを持つ手元と首から下のカットは写され、作中実在の人物であることを再確認できた。


印象的だったのは、生徒会長で優等生の泉(飯沼愛)と校則違反常習犯の紗羽(武山瑠香)が中学時代いかにして親友になったかのエピソードだ。メイクやスカート丈の長さ、さらには靴下の色にとどまらず下着の色まで学校側に厳密に縛りを設けられる「校則」というルールを無視し、その必要性や妥当性を問いかける紗羽は、担任の教師にも目の敵にされているような節があった。そこに待ったをかけたのは意外なことに、彼女と正反対のタイプに見える泉だ。


「見た目と生活態度は関係ない」と言い放ち、校則は「判断力が未熟な君たちが道を外れないようにするため」にあるという担任に対して「そんなことで判断力がつくとは思いません」と、むしろ表面的な見た目で相手のことを判断することにも繋がりかねないと警鐘を鳴らす。紗羽が言う「私たちを管理しやすくしてるだけじゃん」も一理ある。そして2人がとった窮屈でバカバカしい世界への反逆がまたかっこいい。校則のない彩館高校という進学校の受験を2人で決めたのだ。"自由"と"責任"はセットだからこそ、学生の本業である学業に勤しみ責任を果たし、引き換えに自由を得るという最もスマートな逆襲だ。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

PlusParaviの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク