【ネタバレ】『じゃない方の彼女』運命が重なる"彼女"と"妻"の出会い

【ネタバレ】『じゃない方の彼女』運命が重なる"彼女"と"妻"の出会い
拡大する(全1枚)

企画・原作を秋元康、演出を三木康一郎が手掛ける "不倫コメディ"『じゃない方の彼女』(テレビ東京)の第4話が11月1日に放送された。特別目立つことのない人生を送ってきた「じゃない方」の男性で大学准教授の雅也(濱田岳)は、女子大生・怜子(山下美月)に雨の中告白され、自分なんて素敵なわけがないと言うと、突然キスをされる。


「これでじてくれました? 私の気持ち」


最初は雅也に会う度、偶然だと思っていたが、「でも、そのうち運命だったらいいなって」。にじり寄ると、後退りする雅也を見て、怜子は「なつかない猫ちゃんみたいですね」と笑う。ここでグイグイいくと恐ろしくなるが、笑ってみせるのがやはり小悪魔なのか。そして、雅也はもはやガマン大会状態になっている。


テレビを観ていてもキスのことばかり考える思春期のような状態で、雅也は怜子に「会って、話がしたいです」とLINEする。もちろんキッパリ線を引くためだ。すると、同じことを送ろうと思っていたと、怜子から即レス。にもかかわらず、その後、学校ではすれ違い、なかなか会えず、「運命でも何でもない」そもそも運命なんてものはないと考える矢先。


買い物帰りの麗(小西真奈美)と娘・沙織(宝辺花帆美)が持っていた買い物袋が破れ、坂道を転がる。そこで果物などを拾ってくれた怜子と出会うことに。しかも、「100均のヤツだから」とエコバッグまでくれる。この偶然も怖いが、さらに沙織は「お姉ちゃん、なんかいいにおいする! なんか甘いにおい」と朝帰りしたときの雅也に言ったのと同じ指摘をするのだ。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

PlusParaviの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク